今年の恋の作品情報・感想・評価

今年の恋1962年製作の映画)

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

3.9

「今年の恋」に投稿された感想・評価

会話劇として最高に面白い。
60年経っても色褪せないリアリティがたまらなく好き。
岡田茉莉子の気の強そうなツッコミ劇が最高にツボ。田村正和の世間に悲観的なぶつくさした態度も良い。
あとDVD版のビジュアルが、時代を感じさせないポップさがあって好き。
まりこさんが上手いので、棒の輝雄とバランスがとれてる◎
現代にはない速いテンポが心地よかったです。
岡田さんがキレイですね。
同じ女性ですが、見とれました。
ユーモアはもう風化してるがチャキチャキな岡田茉莉子を楽しむ映画としては十分。クロス電線。
ニシ

ニシの感想・評価

2.5
弟思いのお姉さんだとは思うけど、ちょっと過干渉だなー。。
白黒だけど、色を感じる。
オシャレな感じが伝わってくる。
I

Iの感想・評価

4.8
シニカル3、ユーモア7の脚本カメラ演出
古池

古池の感想・評価

3.8
ラブリーな昭和ムードに、うきうきですよ !
「しゃらくせえ」とか「与太者」とか「がた落ちですよ。ガタもガタ、おおガタですよ」とか、日常生活で真似したい笑 けど、ちょっと無理そうだから、脳内で使用します 笑

素直になれない二人のやりとりと、とぼけた親父さんが、良いですね。
お可愛らしい。 自分の物差しだけではなく、他人の意見を取り入れて大団円に持ち込まれる様子は、やっぱり良いです。
「握手しましょう」
電話でのやり取りがめちゃくちゃ多い。
弟の成績が落ちたのは友達が悪いからと勘繰る姉(岡田茉莉子)とやっぱり弟(田村正和)の様子が変なのは友達のせいと婆や(東山千栄子)から訊かされている兄(吉田輝雄)がケンカしながら好き同士になるラブコメ。

ちなみに本作の5年後にドラマ化(脚本は木下の妹の楠田芳子)されていて(30分全8話)手許に録画したものがあって鑑賞したらあまりに映画版をなぞっただけさに途中で爆睡でした。

テレビドラマ版キャスト
相川家 姉 栗原小巻
    弟 渡辺篤史
    父 三島雅夫
    お手伝いさん 野村昭子
映画版の山田姓から変更で
田中家 兄 加藤剛
    弟 津坂匡章(秋野太作)
    婆や 東山千栄子

対立していた2組の家族が有名観光地へ旅行して和解、大団円というのは山田太一ドラマによくあるシチュエーションで本作がそのルーツかも・・・
ネムル

ネムルの感想・評価

4.5
楽しすぎる。
スクリューボール的なものとロードムービーは相性がいいのだろうか。
>|