rico

悲しみは空の彼方にのricoのレビュー・感想・評価

悲しみは空の彼方に(1959年製作の映画)
4.5
黒人問題を扱っているドラマ、という感じで見始めたのに、話がとても重層的に作られていて驚いた。
ダグラス・サークうますぎる、、、
もうどこがどう上手いのかわからないくらい、全てがうまくハマっている、、、
差別はしていないわ、というローラでさえも、アニーとの会話で「聞かれなかったものですから」と其処に隔たる溝をさらりと明かす。
もっと古いかな?と思ったら59年ってことは「アメリカの影」と同じ年だなあーと思って、丁度黒人問題が表層的になってきたくらいの頃だったのかな?