のりまき

地上最大の脱出作戦ののりまきのレビュー・感想・評価

地上最大の脱出作戦(1966年製作の映画)
-
J・コバーン主演の大戦ドタバタコメディ。そも原題から人を喰っている。馴れ合った米軍とイタリアの村が戦闘を偽装して祭りをやらかす。共通の敵はトーゼンナチス。祭りのあとのダレっぷりがとても素敵。ブリューゲルの絵のよう。困ると発狂させてしまうご都合主義もノーテンキ。