M少佐

ライフ・イズ・ビューティフルのM少佐のレビュー・感想・評価

4.1
 見たのを忘れていました。

口から先に生まれてきたような明るい男。
美しい妻と可愛い息子にも恵まれ幸せの毎日。
しかし、その幸せも長くは続かなかった。
時代は彼の生きるイタリアにも暗い影を落としてきた。
ナチスの侵攻により、ユダヤ系である彼は家族と共に強制収容所に収監されてしまう。
彼は息子に嘘のゲームを持ちかける。
生き残る為に。

とにかく、前半の幸せで楽しい雰囲気から、後半の収容所の中でのドラマが同じトーンで語られて居るのが、辛く悲しい。
ナチスの収容所ものの中では、緩やかさがあるが、収容所ごとに特色もあり工場併設の(皮肉だが)収容所は生存率は高かったし、収容所職員の家族の描写などは、よく考えられている。

イタリアの歴史の一ページ、見て損はないですよ。