ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

言葉にしたら くすんでしまう!

知る人ぞ知る、この映画は私めのベストムービー...当然娘も知ってます。
それをなぜ、今さら再レビュー!?...それは1本の電話から始まった!

パパ~パ~パラパパパ~♪ジャッジャン♬(娘専用スマホ着信音)
私め:「もしも~し」
娘 :「おとうちゃんビッグニュース!」
私め:「どうした!?」
娘 :「午前十時の映画祭ってのがあってさ…」
私め:「あー それ知ってる」
   「ライフ・イズ・ビューティフルやるんだろ」
   「新潟でもやるから観ようと思ってるし」
娘 :「・・・・・」
しばし沈黙・・・
娘 :「あんた誰!?」
   「リアクションがつまらない!」
   「もう1回やりなおし!」

プチッ(スマホを切る音)

しばらく間を置き…

パパ~パ~パラパパパ~♪ジャッジャン♬
私め:「もしも~し」
娘 :「おとうちゃんビッグニュース!」
私め:「どうした!?」
娘 :「午前10時の映画祭ってのがあってさ…」
私め:「ほう...それで?」
娘 :「ライフ・イズ・ビューティフルやるんだよ」
私め:「オオオ…そうか知らなかった!」
娘 :「一緒に観る?」
私め:「もちろん観るさ」
全員:「ハハハハハ・・・」

・・・面倒くさい娘です❤

そういうことで、娘を たずねて片道300キロ!

この映画は我が人生のどん底期に、私めが すがり付いた3本の藁のうちの1本。

この変な父娘(おやこ)を救ってくれた大恩人。

この映画の主人公グイドは笑いながら、そして おどけながら教えてくれた。

不安を落胆を そして闇を子供に気付かれては ならない。

教えない愛...悟られない嘘...
「守る」 とは そういうこと!

多くを語ったら くすんでしまう...
100回 観たら100回泣ける、傑作中の傑作。

泣くシーンになる前から泣いていた娘
「これマジ、おとうちゃんと映画館で観たかったんだよ」
それじゃお前が来い!って話ですけど...育て方 間違えましたかね(^_^;)!?

スーパーマン、バッドマン、ウルトラマン、仮面ライダー…
「マーベルはビタミン」と言って はばからない、ヒーロー大好きな私め。

1番のヒーローはグイドです!
kkk

kkkの感想・評価

4.5
不朽の名作。
ysk

yskの感想・評価

4.5
なんか平凡な日々を生活してるな。
そんな人に見ていただきたい、人生を考えさせられる一作。

ユダヤ人迫害の時をテーマに描いた作品
消して明るい内容ではないが、見終わってなんて素敵な物語なのだろうと思わせられる。
妻を愛する想い、息子を守ろうとする懸命な父親の姿が必見。
戦争映画を敬遠しがちな方にも見ていただきたい。
涙なしでは見られない名作。
y

yの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

始まりから終わりまでの落差が大きい..最初はウィットに富んだ可愛くてお茶目なラブロマンスなのに、最後の方はユダヤ人迫害の歴史的な悲惨さを画面に映らない所で殺される間際まで主人公グイドが明るく演じていました。その明るさが胸に痛かった。始まりの部分はあの恐ろしい静かな死体の山から背を向けて収容施設に戻るところだったんですね。

こういうことをした人が罰せられないまま、むしろ政治的に重要なポストについた人々もいたんでしょうか。映画「アイヒマンを追え」のようなことが本当にあるのならとても言葉には出来ません。何でも罪に問うのは間違いなのかもしれませんが..心が追いつきません。

最後グイドの戦車に乗れるという嘘が彼の死後、本当になったシーンには胸が締め付けられました。息子ジョズエがどう帰るのかが心配で心配で.. ジョズエと妻のドーラが解放後会えて本当に良かった。
最後、アウシュヴィッツにアメリカ陸軍が「助けに来てやったぜ」みたいな感じで戦車に乗ってきたのは笑った。

その一面だけを借りたらヒーローかもしれんけどお前らも原爆落として充分人殺しとるからな。

勝てば官軍なのは分かるけど正義面しすぎワロタ、みたいな。

まぁ…実際あそこのシーンで助けに来る軍がいたら心強くて万事解決感はあったからやむなしやとは思うねんけど。

家族愛が素晴らしい感動する良い映画です。
禊

禊の感想・評価

5.0


この作品に関しては言葉で表すことができません。観た人にしか分からない。
Aiko

Aikoの感想・評価

5.0
また観る絶対
>|