ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

言葉にしたら くすんでしまう!

知る人ぞ知る、この映画は私めのベストムービー...当然娘も知ってます。
それをなぜ、今さら再レビュー!?...それは1本の電話から始まった!

パパ~パ~パラパパパ~♪ジャッジャン♬(娘専用スマホ着信音)
私め:「もしも~し」
娘 :「おとうちゃんビッグニュース!」
私め:「どうした!?」
娘 :「午前十時の映画祭ってのがあってさ…」
私め:「あー それ知ってる」
   「ライフ・イズ・ビューティフルやるんだろ」
   「新潟でもやるから観ようと思ってるし」
娘 :「・・・・・」
しばし沈黙・・・
娘 :「あんた誰!?」
   「リアクションがつまらない!」
   「もう1回やりなおし!」

プチッ(スマホを切る音)

しばらく間を置き…

パパ~パ~パラパパパ~♪ジャッジャン♬
私め:「もしも~し」
娘 :「おとうちゃんビッグニュース!」
私め:「どうした!?」
娘 :「午前10時の映画祭ってのがあってさ…」
私め:「ほう...それで?」
娘 :「ライフ・イズ・ビューティフルやるんだよ」
私め:「オオオ…そうか知らなかった!」
娘 :「一緒に観る?」
私め:「もちろん観るさ」
全員:「ハハハハハ・・・」

・・・面倒くさい娘です❤

そういうことで、娘を たずねて300キロ!


この映画は我が人生のどん底期に、私めが すがり付いた3本の藁のうちの1本。

この変な父娘(おやこ)を救ってくれた大恩人。

この映画の主人公グイドは笑いながら、そして おどけながら教えてくれた。

不安を落胆を そして闇を子供に気付かれては ならない。

教えない愛...悟られない嘘...
「守る」 とは そういうこと!

多くを語ったら くすんでしまう...
100回 観たら100回泣ける、傑作中の傑作。

泣くシーンになる前から泣いていた娘
「これマジ、おとうちゃんと映画館で観たかったんだよ」
それじゃお前が来い!って話ですけど...育て方 間違えましたかね(^_^;)!?

スーパーマン、バッドマン、ウルトラマン、仮面ライダー…
「マーベルはビタミン」と言って はばからない、ヒーロー大好きな私め。

1番のヒーローはグイドです!
chy

chyの感想・評価

4.5
記録✏️
Kei

Keiの感想・評価

4.4
泣いた。映画全体の明るさが際立つ程に、儚さが印象的。
古臭い画面やコメディにもどこか洒落ていて、愛おしくなる映画だった。

人間、誰しも光と闇の部分がある。
グイドはある種自己中なコミュ障だけど、その一方で彼には創造力があり、困難に負けない強さがあった。
そして何より、どんな状況にあっても誰かの為に尽くし続ける無償の愛があった。
そんな素直な愛の強さに、皆胸を打たれるのだと思う。
hrd

hrdの感想・評価

3.0
美しい映画ではありますが、結構色々言い出したらキリがない感がある。
けど、この映画をボロくそいうと、なんか悪い人間になったような気になるので、何も言いません
ううう…
アウシュヴィッツ行ったことあるから、強制収容所のシーンが胸が痛い…
子供にこれはゲームなんだよ!1000点取ったら戦車がもらえるんだ!
ってそれがただただ胸が痛い。
人種で差別されるなんてあってはいけないこと。
改めてまた歴史を学びたくなりました。
最初はコントみたいで騒がしい映画だなと思った。
しかし後半から雰囲気は重々しくなる。

そんな中で、子どもを不安にさせないために、大げさに明るく振る舞う父親の姿に胸を打たれた。
それでもlife is beautiful なのか。
mirin

mirinの感想・評価

5.0
人生で一番泣いた映画。
映画終了後も10分くらい号泣した。

初めはコミカルで愉快なラブストーリー映画かと思ったら…。
奥さんのために拡声器をつかってメッセージや想い出の曲を届けるシーン
絶体絶命なのにウインクし合うシーン
嘘みたいな話も絶対に現実にしてくれる。
奇跡を起こしてくれる人。

そしてラストは泣いて泣いて泣いた。
嬉しくて笑えるのに、悲しくて、勇気が出て幸せな気持ちになるのに、やっぱり辛くて永遠に泣いてましまいました。本物の愛。

世界一の映画だと思う。
>|