ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価・動画配信

ライフ・イズ・ビューティフル1997年製作の映画)

La vita è bella/Life is Beautiful

上映日:1999年04月17日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
お父さん🥲

最初らへんは好感度なかったけど芯があってすごく強い人でした。

あの状況では例え親であっても自分のこと悲観したり絶望したりするだろうに、そんな素振りも全く見せずに息子(と妻)のことだけを考えていてすごい。

お母さんもついていったり、子供がドイツ人兵士に見つからなかったり、母子の2人が再会できたりとかでポジティブ(?)な要素も多め。
映画だし美化されることは十分あるだろうしなー(*´-`)
みら

みらの感想・評価

3.5
ひぇえ…
一番、あの医者がサイコ。
るい

るいの感想・評価

4.3
最後泣いた
アナ

アナの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ホロコーストに収容されたユダヤ系イタリア人家族の物語。

前半はグイドとドーラのロマンス。後半は強制収容所が描かれる。
前半の、大雨の中のレッドカーペットは名シーン。序盤こそぶっ飛んだ様子の主人公だが、厳しくなってくる現実の中では妻や息子に光を与えつづける存在に。

主人公グイドの息子に対する「優しい嘘」がなんとも泣ける上にこのどうしようもなく終わりの見えない現実の中の希望となる。周りの人も空気を読んでグイドに合わせてくれたり何も言わないのが救い。

ナチスものを見ると、何を根拠にユダヤ人に対してこんな威張ってたんだと思うことばかり...大衆扇動は本当に恐ろしく哀しい。なぞなぞ好きの医者も、不眠の原因はホロコーストの狂気ではなく、なぞなぞが解けないから。えぇ.....

なんとか家族3人で生き残ってくれ....!!と願いながら観ていたけど、グイドは最後の最後に最期を迎えた。
その代わりに、言いつけを守った息子のジョズエには、お父さんの言ってた通りに一等賞の戦車が。グイドの起こした奇跡。これぞ、映画。
再鑑賞 私のベストムービー👀

タイトルのライフイズビューティフルって皮肉でもなんでもなく、パパは息子にだけは本当にそう思って欲しかったんだろうな👨🏻そして今後もそうであって欲しいって願いと👨🏻

世の中綺麗なことばかりじゃないし理不尽なこともあるけれど、今日も頑張って生きるよ✊🏻✊🏻🔥

実は軽い病気なっちゃって、食えず動けず点滴三昧の日々🧟‍♀️💉心身共に参って寝ても覚めても憂鬱だけどこれ見たら元気になれる。希望が湧く。
「焦らずゆっく〜り治していけばいいんだよ〜🤱」って最初こそ励ましてくれてたママ自身、本当は心強くなくて、私のせいでママの精神状態まで弱ってきちゃって、もう私いない方がいい?ってなってる。負の連鎖。次は何を見ようかな。って気にもならない

発売日当日に買ったオラ夏、いまだやる気にすらならなくて相当重症なんだと実感してる。封すら切ってない。疲れたなあ
そんな時にお勧めのなんかいい映画ない?
Shono

Shonoの感想・評価

5.0
助かる保証はないし、周りはみんな諦めてるのに
汽車の切符取るの大変だったんだよ!とか、帰りはバスで帰ろうねとか、そういう嘘を聞くたびに心が潰れた
m

mの感想・評価

3.0
愛に溢れた作品でした。
と同時に本当に酷い時代だと思った。

子供に不安や恐怖を抱かせないように優しい嘘をついたり、妻に愛を伝えるために収容所のマイク放送や蓄音機を使ったり、素敵な父親だ…!
帽子泥棒が車で森に突っ込む話
あす

あすの感想・評価

3.5
やっと見た
ホロコーストについて疑問しか出てこない、本当に最低で最悪
人の習性や本能を悪用した悪魔だ
愛だな、とか遺してくれたもの、とかそんな綺麗なもんじゃないよ
>|