ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
nicky

nickyの感想・評価

3.7
過酷な環境を生きる陽気な男・グイドの人生録。
彼の終始明るいキャラクターは後半の暗い雰囲気に映えていた。前半が明るいからなおさら。
みの

みのの感想・評価

4.3
観てよかった映画🎟
EIGHT

EIGHTの感想・評価

4.5
recording
面白かった。
EmiOozeki

EmiOozekiの感想・評価

1.1
おススメで見たんだけど、オチがなんだか、、、なぁ。こんなふうに生きて見たいと思わせるような若干チャップリンのような主役。
明るくて前向きでそれでいてまっすぐな性格でどんな逆境にもものすごく明るく乗り越える。そんな主人公の周りも笑って過ごせるようなそんな映画なんだけど、、、ユダヤ迫害の危機。
さすがにそれは乗り越えられなかった。

そんななんかなぁーっていう映画でした。

すっごい子役が可愛いし、ホント自分で運を引きつけるような人。生き方は真似したい。
ユダヤ人収容所を題材にした映画って、どうしてもその歴史に正面から向き合わなきゃいけない、と思っていた。たしかに、それは映画の重要な要素だと思うし、そういう作品には大切な価値がある。

でも、この作品を見たとき、そういう先入観に凝り固まっていた自分を揺さぶられたような気がした。「この世界の片隅に」でも同じことを感じて、戦争とか迫害という歴史の重さを体験してないことで、かえってその場所やその時代に生きていた人たちのユーモアや、ささいな幸せに、目を覆ってしまっていた気がする。

もちろん悲しさや怒りはちゃんと描かれている。でも、タイトルが示すように、悲惨としか言えないあの状況でも、美しく生きている人々はいたんだよな、ということを、ふんだんなユーモアを交えて描き出したことは、映画という表現の可能性をさらに広げたのではないだろうか。
MoekaIto

MoekaItoの感想・評価

4.5
ナチスの強制収容所っていう、一見暗い戦争ものかと思いきや、本当に美しい映画でした。

死と隣り合わせなのに、子供に不安を与えないよう、諦めない、前向きに明るく振る舞うグエドは本当に素敵なお父さんでした😭
最後は泣けた…
>|