ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
大好きな映画の一つ
息子へのあくなき愛を貫き通す優しい嘘。
前半はヒロインとのロマンス
後半は愛する女性との間に生まれた子供への愛といった感じでしょうか。
戦火の中、収容所へ送られた夫婦と子供。

絶望的な日々を送っているにもかかわらず、少しでも子供が希望を持っていきられるよう嘘をつき続けた主人公。
個人的に大好きな映画です。何度観ても泣いてしまうし、思い出しただけでもウルウルしそうになります。
erina

erinaの感想・評価

4.0
ホロコーストが題材だと、コメディテイストでもやっぱり辛い…悲しい…
anna

annaの感想・評価

5.0
素敵なお父さん。
世界の指導者に見てほしい。
gori3

gori3の感想・評価

4.2
序盤はなんやけったいなおっさんやなぁと思っていたが、話が深まるにつれどんどんイケメンに見えてくる不思議。ラストのウィンクは…「僕たちがチャンピオンだ!」
かむ

かむの感想・評価

4.7
前半と後半で、ガラッと変わったように見えて

根本的な明るさは何も変わってなかった

こんな状況で 人生は美しいって

謳えるんかなって 考えながら観てたけど

ラストにはしっかりやられた 名作な訳ですね
>|