ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
m

mの感想・評価

5.0

帽子のくだり好き
しゃっくり可愛すぎ

陽気で優しい嘘に後半涙止まらず

こんなにグロくなくて優しく伝えてきて泣けるナチス映画初めて見た

だいたい見なきゃよかったとかもう見ないって思うの多いけど、これは見てよかったしもう一回見たい
Tom

Tomの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

子供と妻を1番に思って、念じたから生き延びれたのかな
なー

なーの感想・評価

4.5
ぱぱー😭😭😭
前半のコメディっぽい流れから急に戦争の暗い感じになる所は、見ていて辛かったです。
辛い労働や、この先どうされるか分からないという精神的に追い込まれている中で、常に息子に希望を与え続ける所に見ている私も勇気を貰いました。
父ちゃん、あともう少しだった…
みらい

みらいの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

キスからの連れてって。
おちゃめな表情がかわいい。
して連れ去り方斬新~😂

自転車三人乗りはキケンだけど楽しそうな夫婦~ユーモア満載 ジョズエかわいすぎ

汽車への載せ方、モノ扱いだよねこれ

最後の最後ほんとに最後いっきに涙が溢れ出た。ラストがいままで味わったことないいろんな感情まざって大混雑でした。
tAiyO

tAiyOの感想・評価

-
評判が良すぎて期待値が高すぎた。
>|