ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
mori

moriの感想・評価

4.0
自分にはまだ早かった感

このレビューはネタバレを含みます

極限で嘘を貫く父親映画

全編イタリア映画的おおらかさのある映画だが、そのことが余計にホロコーストの残虐性を増幅してる。

ただ、これを言っちゃあおしまいだが、子供でも分かる嘘だよなぁ
めちゃ良い。泣く。
RK

RKの感想・評価

4.5

涙なしにはみれない。
素晴らしい映画。
maria

mariaの感想・評価

5.0
前半はなんだこの底抜けに明るい迷惑なオジサン…やかましい主人公だなって油断したら超泣いた。次の日人に会うなら見ちゃいけなかった。主人公の行動も奥さんの決心も、愛でこれだけ動けるってなんなの。重すぎるテーマだけど純粋さで浄化される。なにがライフ・イズ・ビューティフルだよってブチキレそうだったけどもしかして「ライフ」って人生とか生活じゃなくてふたりの間に生まれた命が美しいってこと?
ma2design

ma2designの感想・評価

5.0
何度見ても色々考えさせられるし、たくさん笑えるし、たくさん泣ける映画です。
みゆり

みゆりの感想・評価

3.7
家族愛が素晴らしかった。
考えさせられる映画。
>|