ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
時代が変われどこれはずっと名作
さわ

さわの感想・評価

-
文字でこの複雑な感情をそのまま表現するのは無理だと思う。子供の純粋さがあまりにもアイロニカル。でもそこに救われる部分もある。口達者で偉大な父。それを受け止める母、すばらしいな。後半部分は父親と共犯者のつもりでみてた。心が締め付けられた。

コーヒーアンドシガレッツからロベルトベニーニ連続だった。素敵な役者で監督。
の

のの感想・評価

4.3
お父さんは偉大だなぁと感動。

辛い時代も明るくユーモア
たっぷりに生きた主人公の
心の強さは計り知れないなぁ

だいぶ前の映画だから
粗は確かに目立つけど 、
そんなことが気にならないくらい
内容がステキな映画だった。
おふみ

おふみの感想・評価

4.5
悲劇と喜劇の織り混ざり
見返りを求めない生き方が謙虚ですごい 誰か気づいてあげてほしいって思ってしまうくらい

どんな時代も、誰といても、こんなにも愛に満ち溢れて、人生を麗らかに、キラキラと生きる、こんな人間になりたいと思った。

ライフイズビューティフル。
ロベルト・ベニーニの演技が大好きだ。
これぞ不朽の名作。
a

aの感想・評価

5.0
月並みな表現ですが、自分の頭を占めている悩みが本当に小さなことに感じました。
わずや

わずやの感想・評価

3.4
粗が目立つ
dandelion

dandelionの感想・評価

4.1
突然連れてかれる、過酷な世界…。
恐ろしい中でも、子供や妻を怖がらせないよう、最後まで楽しませるお父さんが素敵でした。自分だって恐怖のはずなのに…。

途中知人の医者に偶然会うシーン。
助け舟を出してくれるかと思いきや、こっそり話しかけられた内容は…クイズの話。
空気で感じる、それぞれの状況と立場の違い。
見せ方が上手だなぁと思いました。

あとは最後の母と子供の笑顔ですね。
これを見た瞬間、主人公の気持ちを思って涙が出ました。

良い映画だった。
>|