ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
子供に見て欲しい映画です。
なぜか中学生くらいにみて、今も心に残っている作品。有名がゆえ世間で目にしているので覚えているのか、思春期がゆえ覚えているのか分かりませんが、優しさと覚悟を学べる作品でした。
YURI

YURIの感想・評価

5.0
5じゃ足りないくらい!
なんで今まで見いひんかったんやろ?っと謎に思うくらい、、、
見て良かった!

歴史のこともっと勉強してもう一度見たい。
ジョズエ可愛い。
ジョズエを生き延びさせる為に、上手いこと嘘をつき続けるのもほんと辛いだろうなぁっと。
あんなけ気転がきくのもすごい才能。
最初から後半にかけての盛り下がり感。
嫌ぁーな方向に進んでるけどそんな感じをジョズエに悟られないように悟られないように。

気転がきくから、上手いことドーラに僕もジョズエも生きてるぞって知らせる。
あんな状況でも、守るものがあればあんなに生き生きと生きていられるのかな?


私も、もし、子供が出来たら
現代を生き抜いていく術を教えてあげたいです。
chamama

chamamaの感想・評価

3.5
約20年前ですが、自分の評価はかなり低く…
皆様のレビューを読んで、もう一度観直しても良いかな…と思った作品です。
mocha

mochaの感想・評価

5.0
あぁ、本当になんていい父親だろう。
最後まで息子を楽しませようとする父。
疲れきった身体でも、息子に怖い思いをさせないように最後まで楽しい嘘をつき通す、
最初から最後まで表情に愛がこもってた。
最後まで息子へ明るく振る舞う父親はかっこよくてとても美しかった。
家族を守りぬいた父親の物語。

人生は美しい。
今年100本目の映画。
なので名作と呼ばれる作品を選んだ。

時代背景を捉えるにはある程度の知識が必要やし、話からとてつもなく深刻な状況やと分かるけどそう思わせない主人公の明るさ、機転の良さ、本当にすばらしい。
そこには家族を想い続ける1人の男性の愛が溢れてたと思う。
最後の最後までもう一度しっかり観たい。
優しい嘘は時に人を幸せにする、そう思える映画。
戦争映画ではありません。

家族の愛の物語。

そして一人の男の生き様の物語です。


謎の子役、ジョルジオ・カンタリー二も
話題になりました。


何度でも観れる名作。
1998年アカデミー賞外国語映画賞。



製作:1997年(伊)
監督:ロベルト・ベニーニ
出演:ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ
M

Mの感想・評価

5.0
素晴らしい映画。
あってもいい嘘もある。涙がとまらない。
>|