ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価・動画配信

ライフ・イズ・ビューティフル1997年製作の映画)

La vita è bella/Life is Beautiful

上映日:1999年04月17日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
apricot

apricotの感想・評価

4.0
お父さんの子供への愛
泣いた。゚(゚´ω`゚)゚。
親父がめっちゃ愛おしかった。

前半の親父とお袋の馴れ初めとか、思わずニコッとしちゃうユーモラスさが幸せで、後半にかけての悲しさを際立たせていた。
収容所に連行された後も、親父は子供のために明るくコミカルに振る舞ってくれるのが泣けた。家族の愛泣けるなぁなんて思っちゃった。

全体的にコミカルなタッチで、残った家族や親父自身も決して不幸な人生ではなかったんだということが印象に刻まれて、すごい映画だと思った。

個人的には、この映画をわざわざ録画して観せてくれたのが実父だったのもジーンときましたw
eri

eriの感想・評価

4.0
辛すぎて胸が張り裂けそう。なんで素敵な温かい家族にこんな惨いことが起きてしまってるのか、到底理解できない。お父さんの深ーーい愛情は何よりも強くて無敵。
名作すぎる
napple29

napple29の感想・評価

4.5
ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのかわからない作品。最後、画面は笑顔なのに私は号泣。。でも、何度でも見たいと思った映画!面白い、とかいい話、とかではもはやまとめられなくて、とにかく心を揺さぶられる映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

よく喋る陽気な主人公が、友人とイタリアの田舎町にやってくる。

そこで、他の男性と婚約が近い女性と出会い一目惚れし、猛アタックの末に見事成功する。

そして、子供を授かり幸せな家庭を築いていた。

しかしある日、ユダヤ人迫害で強制収容所に送られるハメに。

悲劇を想像するが、子供にはあたかも旅行にいくかのような振る舞いで、収容所での暮らしを終始ゲームであることを説明。

過酷な肉体労働の傍ら、子供には安心感と楽しさを与え続けた。

━━

この作品は過酷な環境でも、考え方1つで人生が楽しくなることを教えてくれる。

また、男として、父親としての生き様を描いた素晴らしい作品でもあった。

コミカル調で楽しめて、信念を貫く姿に感化され、感動のラストシーンのあとは余韻に浸れること間違い無し。

今までにない作品で面白かった。
ミイラ

ミイラの感想・評価

4.8
泣ける!こんなお父さんほしいいいー!
>|