「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

kazu1961
5.0
「ライフ イズ ビューティフル」
1999/4/17公開 イタリア作品 2016-113
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング1位 再鑑賞

言わずと知れた名作、「My best movie」!
何度観ても素晴らしいです。この戦争を題材としながら希望を持って生きた家族の物語ほ本当に素晴らしいです。恋して、笑って、家族を愛して、そして懸命に生きる、戦争は辛いけれども本当の意味で生きていれば幸せなんだと言うメッセージが胸を打ちます!

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、ジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。
luluaya
5.0
何度でも観たい名作。
嘘が真実になってよかった。
自分が親になってからまた観たい!
父が子供を守るためにつき続けた嘘が真実になった時、本当に涙が止まらない。
重いトピックを笑いありで描くことで誰もが見やすい映画になっていると感じた。これは本当に見るべき映画の一つ。
同情系よくわからん
とにかくグイドの奥さんと子を愛する想いが素晴らしい美しい映画。
悲惨で苦しい戦争下でもあんなにも家族のためを考えながら前向きに強く生きることのできる優しさと愛情と強さに感動した。
吹き替えではなく字幕で見て欲しい。
keegoo
5.0
二度と見る勇気はない
>|