ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

ライフ・イズ・ビューティフル1997年製作の映画)

La vita è bella/Life is Beautiful

上映日:1999年04月17日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

Ben

Benの感想・評価

5.0
完璧な映画。大好きな一本。
何回見ても笑うし、何回見ても泣く。時代を超えてずっと愛される一本だと思う。
yaya

yayaの感想・評価

4.3
Holocaust Comedyの最骨頂。
僕くん

僕くんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

世界一愛のある父であり旦那。
人を笑わせたり楽しませること=相手を思い愛することだと。

子供を不安にされぬよう振る舞う彼には役ながら頭が上がらない。
末路を見据えた親の強さ。

ラストは...もっと良く出来なかったのかな?
感動の再会母親の演技というか、急に場面変わって冷めちゃうよな...
でもいい映画。
なな

ななの感想・評価

4.1
大好きな映画
号泣してしまう。
映画を観てよく泣きますが、こんなに泣いたのは中学生の時、初見できみに読む物語を観た時以来な気がする

タイトルに圧倒される



フィクションであり、

でも起こったことはノンフィクションで。
絶対に起こってはいけなかったこと
二度と繰り返してはいけないこと
みん

みんの感想・評価

5.0
小さい頃から母子家庭でお父さんがどういう存在かあまり知らない自分には凄い刺さった作品でした

最初の方はただのホラ吹きの冴えない男って感じでなんでこの映画がこんなに評価されてるのだろうってくらいのストーリー
思わず寝ようかと思うくらい

でも、次第にそのイメージが変わっていき最後のクライマックスはもう涙が止まりませんでした

将来息子ができたらこんな父親になりたいと思います
二次大戦を描いた映画なのに悲観的な部分を感じなかった。ジョズエとドーラに不安を与えないようにするグイドに感動した。
m

mの感想・評価

3.7
汚くて、狂った収容所さえ、「ビューティフル」に変えてしまう優しい嘘に、ラストは畳み掛けるように涙腺が崩壊、、
知らないって残酷でもあるけど、世界一あったかいギフト🚜
最初は典型おちゃらけナンパイタリア人だと思ったけど、こんなひとでありたいし、尊敬するひと上位に躍り出た!!
reif

reifの感想・評価

4.8
伊映画好きな方におすすめいただいた時点で、ラッセル ・クロウが数学者のアレ(未見)と混同していたこちらは伊映画だ! どうして英語を邦題にするんじゃー!と天に叫ぶ。伊映画らしく、人が濃くエモーショナルで怒涛の展開の傑作でしたね…。ラッセル ・クロウも観ようと思います…、区別するために。

気を取り直して、主人公(名前が入らない)の達者なコメディアンが爆発的な才覚で周囲の人々を幸せにする話です。口から先に生まれてきた達者なコメディアンは役者であって役柄ではありません。ただの男の役です。職業は給仕。イタリア男ってみんなこうなの?とお嬢様を情熱的に口説く前半はラブコメ。ファシズムが台頭し世相が暗くなる後半は小さい息子との話。父性愛というものがこの世にあるんだと見せてくれた。頭蓋骨が割れそうなほど泣ける、今も泣いてる。コメディアンになりたい直近の頭のおかしい二人(ジョーカーとキング)に比して、生来のコメディアンであることって、(しばらく考える)、やっぱり悲しい。コメディの本質は哀しみで人生そのもの、と真実に触れたところで収集がつかなくなりました。良さを語れー! 伏線の張り方の巧みさとかさ
>|