ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.5
楽しく哀しい。

第二次世界大戦前夜、ユダヤ系イタリア人の主人公はイタリアの田舎町に引っ越して来るところから物語は始まる。
主人公はそこで出会った美しい女教師に恋をし、駆け落ち同然で結婚して一児をもうける。
時代が進み、戦争が色濃くなりナチスによるユダヤ迫害が激しくなり、主人公とその息子、そして妻も収容所に入れられ…

これ子持ちのおっさんが観たらあかん奴ですわ。
終始主人公は明るくつとめて、息子を不安にしないようにするんだけど、胸が苦しくて苦しくて。
収容所に入る前はテキトーな高田純次みたいな主人公やなーとか気楽に見てたのに、もうこんなに心揺さぶられるとは。

子どもの可愛さが逆に残酷さを際立たせていると感じた。父の愛の物語だった。
一度は見ておきたい作品
sn00py

sn00pyの感想・評価

4.8
記録
見終わった後から自然に涙が出て止まらない
途中で止めてなぜか仕事の愚痴を言っていたのはなんでだった思い出せないけど、
戦争の残忍さと人の優しさが感じられる映画。
特に子供を心配させまいと、子供を守ろうと嘘をつき続ける父に涙涙。
こんな父になりたいと心から思った。
隼人

隼人の感想・評価

3.6
テーマがテーマがだけにコメディとして観るには少し重たい。収容所という絶望の中で息子のために冗談を言って辛くても笑顔になれる主人公は本当に強い人間だと思った。
KADFILM

KADFILMの感想・評価

4.3
素晴らしいですね。
ねまる

ねまるの感想・評価

4.2
名作って知ってるけど観てなかった作品。

電車の中で観るんじゃなかったと後悔しつつ、涙を必死でこらえてます現在。

今まで観ていなかったことを深く反省。
もし観てない人がいたら、観た方がいいよ。本当に素敵な作品。

どんな話か私は知らなくて、この先どんな展開になっていくんだろう?と常に思っていたし、
だからこそ余計、ラストシーンですごく感動した。



ってことで、ここから下は観たことある人か、ネタバレに全く抵抗が無い人!


"父親の愛が子供に遺した奇跡"の物語。

グイドのその場しのぎの嘘っぱち。
でもそれは、誰かのための嘘っぱち。
自分の悪事のためじゃ決してない。

グイドの行為は可笑しくて、微笑ましい。
イタリアの街でももちろん、収容所ではより際立つ。

ジョズエを悲しませないために必死で突き続けた嘘。
その嘘が本当になった瞬間。
嘘という愛が奇跡をもたらした瞬間。

映画史に残る感動のラストシーン。
ありがとう。
全部上手くいく訳ない現実性と陽気な主人公と。
なんとも言葉に表せへんやつ。
お父さんの陽気な振る舞いが何とも面白く、そして切ない。
ジョズエはの演技もすごく好き。滅茶滅茶カワイイし、あの無邪気さが映画を一気に明るくさせます。
ただ、テーマがリアルなものなだけあって、非現実的だったり、「いやそれは無理だろ」ってつっこみたくなる箇所も多々あった。
>|