ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.5
楽しく哀しい。

第二次世界大戦前夜、ユダヤ系イタリア人の主人公はイタリアの田舎町に引っ越して来るところから物語は始まる。
主人公はそこで出会った美しい女教師に恋をし、駆け落ち同然で結婚して一児をもうける。
時代が進み、戦争が色濃くなりナチスによるユダヤ迫害が激しくなり、主人公とその息子、そして妻も収容所に入れられ…

これ子持ちのおっさんが観たらあかん奴ですわ。
終始主人公は明るくつとめて、息子を不安にしないようにするんだけど、胸が苦しくて苦しくて。
収容所に入る前はテキトーな高田純次みたいな主人公やなーとか気楽に見てたのに、もうこんなに心揺さぶられるとは。

子どもの可愛さが逆に残酷さを際立たせていると感じた。父の愛の物語だった。
chy

chyの感想・評価

4.5
記録✏️
Kei

Keiの感想・評価

4.4
泣いた。映画全体の明るさが際立つ程に、儚さが印象的。
古臭い画面やコメディにもどこか洒落ていて、愛おしくなる映画だった。

人間、誰しも光と闇の部分がある。
グイドはある種自己中なコミュ障だけど、その一方で彼には創造力があり、困難に負けない強さがあった。
そして何より、どんな状況にあっても誰かの為に尽くし続ける無償の愛があった。
そんな素直な愛の強さに、皆胸を打たれるのだと思う。
hrd

hrdの感想・評価

3.0
美しい映画ではありますが、結構色々言い出したらキリがない感がある。
けど、この映画をボロくそいうと、なんか悪い人間になったような気になるので、何も言いません
ううう…
アウシュヴィッツ行ったことあるから、強制収容所のシーンが胸が痛い…
子供にこれはゲームなんだよ!1000点取ったら戦車がもらえるんだ!
ってそれがただただ胸が痛い。
人種で差別されるなんてあってはいけないこと。
改めてまた歴史を学びたくなりました。
最初はコントみたいで騒がしい映画だなと思った。
しかし後半から雰囲気は重々しくなる。

そんな中で、子どもを不安にさせないために、大げさに明るく振る舞う父親の姿に胸を打たれた。
それでもlife is beautiful なのか。
mirin

mirinの感想・評価

5.0
人生で一番泣いた映画。
映画終了後も10分くらい号泣した。

初めはコミカルで愉快なラブストーリー映画かと思ったら…。
奥さんのために拡声器をつかってメッセージや想い出の曲を届けるシーン
絶体絶命なのにウインクし合うシーン
嘘みたいな話も絶対に現実にしてくれる。
奇跡を起こしてくれる人。

そしてラストは泣いて泣いて泣いた。
嬉しくて笑えるのに、悲しくて、勇気が出て幸せな気持ちになるのに、やっぱり辛くて永遠に泣いてましまいました。本物の愛。

世界一の映画だと思う。
>|