ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価・動画配信

ライフ・イズ・ビューティフル1997年製作の映画)

La vita è bella/Life is Beautiful

上映日:1999年04月17日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

Kaho

Kahoの感想・評価

4.9
Love of family is beautiful

いつまでも ”愛と笑顔” を忘れず妻と息子を守り抜いた父の姿が素晴らしい。


最初のシーンから面白い🤣👋
人種の説明するシーン好き
”イタリア人のおへそは世界遺産です”

”こっちを向くんだ お姫様”
おまじないも好き🤣👂

ドーラは憧れの女性像です

ジョズエが最高に可愛い☺️

後半への入り方も分かりやすいし、とっても好き💐
笑ってしまう部分があるからこそ後半の収容所でのシーンはとても悲しい

シャワーと言われ、ガス室はあまりにも悲しすぎる現実。

放送のシーンは一番好きなシーンです

ここまで明るくユダヤ人のことを描いた映画を観たのは初めてで最初に観た時の感動と衝撃が忘れられない

一生心に残る大好きな映画です
何回観ても泣いてしまう😢🌼
過去鑑賞.

この作品をみたのは中学生の時だが今でも強く印象に残っている.
面白くて悲しくて感情の振り幅が大きかった記憶.
あと子供がめちゃくちゃ可愛いかった.
いつかもう一度見たい.
YusukeMori

YusukeMoriの感想・評価

4.0

よくできた嘘。
医者の絶望。
ジョズエかわいい。
×
特になし。
amick

amickの感想・評価

4.2
理想の父親像(男性像?)だと思いました
自分が愛する彼女のため、子供のため、常に周りを笑顔にしてひたむきに頑張る。しんどい所は一切見せない。彼の行動がカッコ良すぎました。

ここまで誰かの為に出来る人は、中々現実にはいないと思うしそこまで求めてる訳ではないけれど、でも、こんな男性いたら最高に素敵だなーって思います。

もっとシリアスな場面が多いかと思ったけれど、意外と前半のコミカルな部分が長くて、想像以上にスーッと観れたかな
拳藤本

拳藤本の感想・評価

4.5
究極の自己犠牲、家族愛。

作中ずっと悲しい雰囲気を出さないグイド、徹底した人物像、その裏を想像させる感じが素晴らしい。

名作。
イタリア映画の名作。
第二次世界大戦下のユダヤ迫害を受ける親子の愛の物語。

監督・主演をロベルト・ベニーニ。
タイトルも秀逸です。


前半のコメディはひたっすらに面白いんだけど、だんだんユダヤ迫害が本格化してきてストーリーに暗雲が垂れ込める…。
あまりにも有名な作品故に結末がわかるので尚のこと辛かったけど、戦争の悲惨さというよりは、逆境的状況における愛の物語で、鑑賞後は温かい気持ちが勝ったように思います。


謎のなぞなぞドクターと話して、意味を察して絶望を感じるシーンが一番堪えました。作中唯一グイドが放心してる印象。


結局、愛情深くて想像力豊かな男の人生は、それでも(例え、戦争で極悪非道がまかり通るような状況において家族がバラバラにされようとも)美しいということ。
逆境においても希望を捨てずに前を向き続けよう。グイドが貫き通したからこそ、ジョズエがあんなにも嬉しそうに戦車に乗り込むんだわ。泣ける。


〜〜〜

・伏線はベタベタで、決してスマートではないけどこれで良いんです。
・純粋無垢な子供と愛情深い父親のタッグは設定から反則。
(母親は最後のキャッチ役か…?)
・劇場で1人だけ真横向いてる、土砂降りの中レッドカーペットの階段を降りる、給仕中にこっそり音楽を届ける、といった印象的なシーンも数々。
カルビ

カルビの感想・評価

5.0
子供の頃見て怖かったことだけ覚えています
今思うと子供の視点だったんだな〜
大人側の見方になって見返すと、また違った素晴らしさに気づきました
こんな人と結婚したいですね
ましゅ

ましゅの感想・評価

4.6
すごく苦しくなった。
初めはめっちゃ面白いやん!って思って
大爆笑してたけど後半になるにつれ
心が苦しくなりラストは何とも言えない気持ちに
なった。父の明るさがすごく切なくなってくる。
limelight

limelightの感想・評価

4.3
〜感想〜
最後の最後まで自分のキャラを貫き通した父親には頭が上がりません。名作中の名作。なんと言っても子供が可愛い
>|