ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価・動画配信

ライフ・イズ・ビューティフル1997年製作の映画)

La vita è bella/Life is Beautiful

上映日:1999年04月17日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

かわい

かわいの感想・評価

4.6
姉と鑑賞

まさに名作。
前半は恋愛映画で後半は戦争映画

笑いながら泣ける
最後は悲しすぎる…
終わってから号泣してた
kenshi

kenshiの感想・評価

-
グイドのキャラクターが、前半と後半で見え方が180度違ってくるのがすごい。別の作品?ってくらいに前半と後半で内容が違うのも、それを狙っているからなんだろうな。

グイドがつき続けた嘘があの美しいラストシーンに繋がるんだろうけど、そこはどうしてもファンタジーに感じてしまった。この内容でこのタイトルなのがすごい…。
げんや

げんやの感想・評価

4.4
名作と言われて鑑賞


前半のコメディからは考えられない後半の重いテーマ…
そんな重いテーマなのにも関わらず見終わっても、心はそこまで辛くない。

「ライフイズビューティフル」本当に綺麗な作品でした。
前半部分のグイドのユニークな言葉たちが聞いてて楽しくて、心地よくて、後半は重いテーマにもかかわらず、子供や妻への愛情がよく表現されてて、本当にすごいです。
名作ってこういう作品を言うんですね。

見終わったあと、言葉がでなかったです。
深い愛を教えてくれてありがとうございます。
★底抜けに明るいユダヤ系イタリア人・グイドの毎日。

#この映画のタイトルが『ライフ・イズ・ビューティフル』なの切なすぎる

#ニコニコして、ぽろぽろ泣く

#この俳優さん、『ダウン・バイ・ロー』でもそうだったけど、そこにいるだけで場が何か明るくなっちゃうの、THE イタリア人

#坊やがほんまにほんまに可愛い。何があっても坊やを悲しませたくない気持ちになる

#強制収容所に送られてからが本当にきつい

#きついんだけど、代わりに翻訳するところ笑っちゃった

#軍医のところが悲しすぎて、どうして……どうして……となってしまった。

#結局軍医もユダヤ人のことを何とも思ってなくて、グイドのことすらなぞなぞの上手い使用人くらいにしか思ってなかったってこと……?
それとも軍医のあのなぞなぞは暗喩で、何か隠されたメッセージがあったということ……?「俺は手助けできない、ごめん」的な……?謎かけを繰り返しながらめちゃくちゃ悔しそうだったから、そういうことだって信じたい、あの人は良い人だって信じたい……。

#ロッカーの中から見つめ合う父子のシーンでギャン泣き

#心が綺麗な人が悲しい目に遭う映画は本当につらい

#グイドが重ねた幸せな嘘、みんな本当になってて泣いてしまった

#いやあ……楽しく陽気なヒューマンドラマと思っていたら、ばりばり戦争映画だったな、、、
tiptop

tiptopの感想・評価

4.5
ナチス政権下での収容所で、子供を守るため、楽しませるために嘘をつく。
その嘘が、あまりにも優しく、辛い。
子供に、人生は素晴らしいということを必死で伝えようとしているのが伝わる。


話の前半は、冗談好きの主人公が自分の世界を作り上げる様子が描かれている。
とても愉快で、楽しげなシーンばかり。

後半になると急にトーンが変わる。
収容所での苦しく、辛いシーンが描かれる。



戦争映画は、人々の苦しみにフォーカスすることが多い。
なぜ、このように、辛い状況での小さな幸せを見つけるという行為に着目したんだろう。
きっとこの映画は、親が子を思うその気持ちを、人を思うその美しさを、描いたんだと思う。

でもこの映画は、
どんなに辛くても、心の持ち用で楽しめる。
というふうに解釈もできる。

実際に多くの人が命を落とし、想像を絶する辛さを味わったのに、そんなことを言っていいのだろうか。


実際に収容所で苦しみを味わった人は、この映画を見てどう思うのだろう。
t

tの感想・評価

4.0
子供のころ観て泣いた
に

にの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

監督、脚本、出演までするのがすごい。
花のある小屋で視点を止めて、時間が経ったことを表しているのがおしゃれだった。
あらすじを全く知らない状態だったので、後半のストーリーに驚いた。
>|