ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価・動画配信

ライフ・イズ・ビューティフル1997年製作の映画)

La vita è bella/Life is Beautiful

上映日:1999年04月17日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

ユダヤ系イタリア人の家族がナチスドイツの収容所に送られて、父は息子にある嘘をつき、騙し通せるのか?感動の映画!

主演の夫婦役は実際も夫婦なので、凄くビックリしました👀❗️❗️
改めて考えると夫婦愛が感じられますね🎵

主演ロベルトベニーニのコメディに笑いが止まらなかったです😂
彼はイタリアのチャップリンですね!

ラストシーンは息子に対する思いが強いシーンでした。
イタリアの名作「ライフ・イズ・ビューティフル」を是非!
inu

inuの感想・評価

-
2021年 56本目
初めはグイドの性格が苦手で、こんな人近くにいたら嫌だなあと思った。
最後はとても好きになっていた。いいお父さんだね。
妻にも子供にも同等の愛を送る主人公に感動しました。
とても心揺さぶれる作品でした。
良かったです
めっちゃよかった。自分が父親になった時困難な状況でも子供を楽しませることができるようにしたいと思った。
🎞こんな人におすすめ🎞
●全世界の父親・夫
●戦争ってどんなもんか知らん人
●家族といられる日々の大切さを再確認したい人

曲・進むテンポ共にいい。
父親が息子に嘘をつくけど、全部家族をまろるためで最後が辛い。泣ける。
終始、父親はジョークを言いゆうけど、そのジョークが伏線で全部繋がっていくところが気持ちいい。
1人の女性を純粋に思う気持ち、何よりも家族を大切に思う気持ち。父親ってこういう風に家族を思わないかんよねって考えさせられる。
今の世の中、いまだに女性や子供より自分が上の立場におらないかんくて、威張り散らす父親が多くて
子供にもキツい言い方で怒ったり、暴力で支配しようとする人がおるけど、グイドの姿を見ると、こういう風に接すれば家族みんなが幸せになれるんやなって勉強になると思う。

🎥ざっくりあらすじ🎥
時は戦争真っ只中のイタリア。ユダヤ系イタリア人のクイドが運命の女性ドーラと出会う。しかし、ドーラは婚約中。そこでクイドは機転をいかして様々な方法でドーラの前に現れ、見事に2人は結ばれる。その後、息子ジョズエが産まれ、幸せに暮らしていたが、ユダヤ人迫害が進み、クイド達家族は強制収容所に連行される。幼いジョズエは状況が分からないが、クイドが息子を怖がらせまいと必死に嘘をつき続ける。クイド達親子は死んでしまうのか、助かるのか・・・

※何度も見ているので鑑賞日は入れていません。
ラブストーリーだと思ってた全然違った全然違くもないかよかった
こんなに良い作品をこの年になって初めて観たことにすこし後悔。もう少し早く観ておくべきだった、、、

パパぁ…😭

このレビューはネタバレを含みます

前半の内容からは想像できないような、終盤にかけて落差のある物語だった。
家族を愛し、弱音を決して吐かず前を向き続ける姿に感動した。
しかし、最終的には犠牲になった主人公。まさかの展開に言葉を失った。
halle

halleの感想・評価

4.7
最後の最後で涙が一気に流れ出た。
大切なものを守るための命懸けの嘘。

必要な嘘もあるんですね。

この映画のタイトルが
"LIFE IS BEAUTIFUL"なところにも
深みを感じる。
>|