ゼイリブの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゼイリブ」に投稿された感想・評価

susamishin

susamishinの感想・評価

2.5
主人公はフラッシュ・ゴードンっぽいロン毛のパツキンお兄。
シチュエーションは第9地区っぽい感じ。
いわゆる支配層とWorkerに別れた世界。
そしてM.I.Bのようにいつの間にか宇宙人登場。
謎のアイテムのサングラスを主人公が手にするまでのくだりが長くてちょっとイライラ。もっと早く手に入れて欲しかった。
映像の雰囲気とかは1978年作のSF/ボディ・スナッチャーに似てる。(年代も同じか)女性の髪型やメイクも同じようなイキフン。時代背景もそんな感じやね。ヒロイン・ホリーが秘密の集会からどうやって逃げだし、またテレビ局で何食わぬ顔で仕事をしているのか?理解に苦しんだけど、あの時点でどんでん返しは気づかなかった。(恥)
フランクの最期も「?」だったし。
エンディングも「あれ?!そんなんで解決するん?」ってオモタけど、まあいいや、って妙に納得しちゃうのでした。😅
レイバンのサングラスですかね?
yuko0925

yuko0925の感想・評価

3.0
ジョン・カーペンターのこういうB級映画はもう楽しめない歳になってしまったかも。
資本主義、消費社会への風刺ということはわかるけど、終始フーンって感じだった。
しかも無駄に暴力シーンが多い。勿論これが作られた時代はそれが普通だったんだろうけど。
ジル

ジルの感想・評価

4.2
消費社会×メディアの洗脳をテーマに未知の生物の侵略からの抵抗を描いた作品。
序盤長ったらしいなぁ〜と思ってたけど中盤からゴリゴリのゲリラが始まってからのラストに向かってすごい勢いの畳み掛け!!
新鮮なラストで楽しめました。
最後の最後に自身への批評家からの意見を軽くあしらうおまけ演出も面白かった。
ただ、ちょっと、突っ込みどころが多いっすよ、、、、
ロディパイパー!!
K

Kの感想・評価

4.4
遊星からの物体Xのジョンカーペンター監督作。

資本主義や政治家、メディアに扇動される現代社会への風刺作品。人間は宇宙人(=資本家や政治家のメタファー)に潜在的に支配されているという設定。それに気づいた主人公はなんの葛藤もなく一人で戦いを挑み始める(無謀すぎて笑う

設定が現実社会のメタファーというより直球(お金にはTHIS IS YOUR GODとかいてある)でもはやおもろい。政治家とかあの宇宙人より醜い"顔"してるわ絶対。

他にも主人公の変わり身の早さや意味不明な喧嘩のシーンなど見所満載。音楽の気だるさや展開の遅さに早送りは欠かせなかったけど。
銃弾の大量消費万歳🙌
けいと

けいとの感想・評価

3.8
ゼイリブ星人のキモさを褒め称えたい
立川極音で鑑賞

30年前の映画だが今だに突き刺さる風刺
むしろ今がゼイリブの時代になってしまったのかもしれない

全編にわたる現代社会への皮肉とSFとしても面白いエンタメ性

全く色褪せない傑作だった
マサリ

マサリの感想・評価

4.0
鋭い社会風刺
ラストかっこよすぎてしびれた
>|