ロープの作品情報・感想・評価

「ロープ」に投稿された感想・評価

Otun

Otunの感想・評価

3.9
仕事の出来ない人の口癖を私は知っています。
皆様にもお教えしましょう。
「忙しいっ」「時間がないっ」こちらの類いです。
そして次に。近頃、私が心から発したい言葉をここで紹介したいと思います。
「近頃マジで馬車馬が過ぎて、クソ時間がねぇ!は?!レビューなんか出来ねぇぇっ!!!」。
あーーすっきりした。
なんか、皆さま、すいませんね。ちょっぴりこじらせてます。でも私は元気です。

という訳で、この頃観た映画は☆一言レビューにしたろーと思います。こなくそです。
なんだ映画は観る時間はあるんかい、と言う突っ込みは只今受け付けていません。忙しくて時間がないからね、なんせ。
作品は、こちら、ヒッチコックの「ロープ」です。再見の初レビューです。

では、一言。
結局、なんで、殺したんやぁぁぁぁ!!!
オゥア

オゥアの感想・評価

4.0
どこで映像がカットされたのかを探しながら見るのも面白い。
誰に感情移入するかにもよるが、「余計なこと言うなよ!」とイライラしてしまうほどのめり込んでしまった。
気づけばワンカット
池田

池田の感想・評価

4.2
ウディ・アレンの夢と犯罪.
ワンカット(風)であることに大して意義は感じなかったが見応えがある.
Takumi

Takumiの感想・評価

3.9
殺人の理由が到底理解できないけど💦最初のいきなり始まったシーンからしてハラハラドキドキ半端なかった😵💓(好きなやつ)ヒッチコック作品はまだ観てないものが多いから、また観たい🎵
ゆめこ

ゆめこの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

面白かった
チェストの上を片付けていくところがハラハラしすぎてセリフ追えなくなる
♪サァァァァチィィライトッはぁぁぁぁ月ぃぃの光と共にっっっ♪
♪タァァァァイィィィトォォォロォォプゥゥををををを照らっっっせぇっっっ♪
こんばんわ三遊亭呼延灼です.筋肉少女帯のサーチライトですがね,好きなんですよ.えぇ.
舞台はマンションの一室.登場人物9名という会話劇.ヒッチコックの思想が大きく反映された作品と考えるのが妥当でしょう.
エリート犯人二人の「人間は有能と無能に区別され,有能な人間は罪に問われない」という選民思想.勿論超人思想の影響もありましょうが,時代的にヒトラーが指導した「ゲルマン民族はすごいんだぞ運動」の方が生々しく感じられます.
そして友人を殺害して完全犯罪を成立させる事で自分たちの有能性を証明しようと企みますが,時代を考慮しても,お粗末な段取りで完全犯罪にはほど遠いものです.そもそも殺害した直後からフィリップがキョドった段階で超人なんかじゃなくただの人,そして「私が犯人です!」って告白しているようなものでしょう.ですから本作の肝は謎解きではなく,同じような選民思想を持っていたけど改心したルパートさんに犯行を暴かせ,選民思想を完全否定する事にあった,と推察した次第であります.わずか70年前には,かような思想がはびこっていたのかと思うとゾッといたした次第であります.
daradara

daradaraの感想・評価

3.9
モンタージュを極限まで排した実験的映画

舞台劇の映画化ということでワンカット(擬似)で撮影が行われた。

ヒッチコックの手がけた初のカラー作品ということもあってカメラワークに加え、照明の色や明暗にまで拘りが見える。
>|