ニック

ブギーマンのニックのレビュー・感想・評価

ブギーマン(2005年製作の映画)
3.1
かの有名な「ブギーマン」を観ようと借りたら、やたら映像が新しい。

リメイクか?と思ったら、それどころかブギーマン違い、観るべきブギーマンは「ハロウィン」でした。

しかしこれはこれで中々の拾い物。

子ども時代に開いたドアの隙間やベッドの下といった暗がりに何かが潜んでいるのを感じたり、それを想像してビビっていた経験を持つ人はわりといるのではないか。

この映画でも暗がりや物音に、そんな何かである「ブギーマン」の存在を感じさせる。

皆で騒ぎながら観るには不向き、夜中にこっそり1人でヘッドフォンで寂しく観るのが正解か。

ブギーマンは最後の方まで姿を現さず、ラストに物語が一気に動きほぼ存在感だった彼が派手に姿を表すのですがCGの微妙さなどもあり残念なことに…

見えないから、訳がわからないから、想像してしまうからこそ怖いというのを再認識。