おぎゃあ

リリア 4-everのおぎゃあのレビュー・感想・評価

リリア 4-ever(2002年製作の映画)
5.0
スウェーデン、ルーカス・ムーディソン監督作。
序盤の舞台は、寒さの厳しい旧ソ連の貧困の街。
オープニングに Rammstein の Mein Herz Brennt という大袈裟な曲が流れ、違和感を感じましたが、この曲が終盤に流れた時には、叫ぶ少年の声と重なって緊張感を生んでいたように思います。
t.A.T.uのNot Gonna get usなんかも使われていて楽曲のセンスも個性的でした。というかこの監督の映画はどれも音楽が変かも。
生きることが地獄であり、死ぬことの方が幸せであるかのように映しているところが印象的でした。