ゆきひろ

渋谷のゆきひろのレビュー・感想・評価

渋谷(2009年製作の映画)
3.8
雑踏の街…渋谷を舞台にした作品。

オヤジ完全体の私にとっては縁遠い街ですね。
だが本作には引き込まれてしまいました_(^^;)ゞ

役者さんの演技が素晴らしい!
二回目のヘルスのシーンはあんな長回しを…見事なものです(^-^)v

思い起こせば26 年前…
こんなちっぽけな街は嫌だと九州の片田舎から東京に憧れ上京。
今では家庭もある…
上京した当時は都心部に住みはしていたが歳をとると田舎回帰するのか都下へと…
田舎に戻りたい気持ちもあるが、もう戻れる状況ではない。

渋谷は今でもユリカが増殖中なんでしょうね?

去年の夏、渋谷駅そばのビルの樹木の伐採・伐根を依頼され一人で作業しました。
重機が入れられないのでスコップで手掘りです。
炎天下の中、地下足袋に手拭い姿で汗だく泥だらけの仕事…
多くの行き交う人達…
本当に驚きました!
派手なチャライ格好した兄ちゃん、姉ちゃん達が通行の妨げになっているであろう私に「お疲れ様、大変ですね」と声をかけてくるんです。
中には差し入れでドリンクまで手渡しに来る人も複数いました。
人は見掛けによらない…街のイメージも…

なんとなく、そんな事を思い出した作品でした。

ただ一つ不満がある(-_-;)

玉子掛ご飯にツナ缶はない…
缶詰だったらチョイスするのはサンマの蒲焼きかホテイの焼き鳥ですよね(*´∀`)