ニューヨーク・ドールの作品情報・感想・評価

「ニューヨーク・ドール」に投稿された感想・評価

GreenT

GreenTの感想・評価

4.0
これもなかなか観るに忍びないロキュメンタリーです。

金髪のハゲたおじさん、アーサー・ケーンさんは、モルモン教のファミリー・センターの図書館で働いています。図書館に何台かあるコピー機にちゃんと紙が入っているようにしておくことが主な仕事で、他には背が高いので一緒に働いているおばあちゃん達のちょっとしたお願いを聞いたりします。

アーサーは毎朝、1時間半かけてハリウッドにある図書館に通います。バスを2台乗り継がなければなりません。アーサーは、図書館からのわずかな収入と、生活保護で暮らしています。

アーサーは、お金がなくてベースギターを質屋に入れたのですが、それを売られないように、毎月172ドルを質屋に収めています。260ドルあれば、ベースを買い戻すことができるのに、アーサーは一度に260ドルのお金が手元にあったことがないため、買い戻すという考えが頭に浮かんでこなかったそうです。

この人が、あの伝説のグラム・バンド、ニューヨークドールズでベースを弾いていた、アーサー・キラー・ケーンなのです!

ニューヨークドールズは、1970年台初頭にニューヨークでストゥジーズやヴェルヴェット・アンダーグランドと共に活躍したバンドで、のちのブリティッシュ・パンク・ニューウエーブ、そしてLAヘアメタルに多大な影響を与えた伝説のグラム・バンドなのですが、アーサー曰く、アルコールやクスリに溺れて、バンドはアルバム2枚で崩壊してしまった。

バンドの他のメンバー、ジョニー・サンダースやデヴィッド・ジョハンソンは、なんだかんだ芸能界に残っていたのですが、アーサーは長期的に続くプロジェクトに参加できず、次第に仕事は減り、酒に溺れ、クスリに溺れ、離婚、自殺未遂を経て、モルモン教に改宗し、今日に至る。現在は、家族もなく、LAの小さなアパートに一人暮らし。

監督のグレッグ・ホワイトレイは、ひょんなことからアーサーと知り合いになるのですが、DVDの特典でこんなことを言っています。

「もし神様に、17、8歳から2年間、ロックスターにしてあげる、その代わり、その後の30年間は貧困と孤独の中で生きることになるよって言われたら、どうする?!」

アーサーの人生はまさにそういう感じで、監督はいつもアーサーの話を聞いて「これは興味深い、映画になるべき話だ」と思っていたそう。

アーサーは自分の小さいアパートをドールズのメモラビリアで飾りまくり、口を開くと「あの頃は楽しかった、ドールズを再結成したい」と言っていたのだが、ある日監督はアーサーに、「ロンドンで開かれるロック・フェスに、ニューヨークドールズとして出るかもしれない」と言われ、「これはドキュメンタリーをやるっきゃない」と思ったそうです。

そのロック・フェスというのは、2004年にロンドンで開かれたメルトダウン・フェスティバルと言われるもので、同年の開催責任者となったモリッシーが、ドールズに再結成の話を持ちかけたそうな。

モトリー・クルーの伝記映画『ザ・ダート』で、ニッキー・シックスがモトリー・クルーの曲の版権を取り返す、というシーンがあるが、通常ミュージシャンは、レコードを出してもらう代わりに、曲の版権をレコード会社に持っていかれるものらしい。『ザ・ダート』でも、「ビートルズだって曲の版権を持ってない!」というシーンがある。

ドールズも、爆発的に売れたわけではないにしろ、その後もカルト的なファンが多く、ファースト・アルバムは現在までにかなり売れているはずであるが、ドールズのメンバーはそこから一銭も儲けていないらしい。

モリッシーはインタビューで、「ボーカルのディヴィッド・ジョハンソンを引っ張り出してくるのがキモだった。ディヴィッドはドールズで一銭も儲けていないから、苦々しい気持ちでいると思うし、ドールズから一線を引こうとしているはず」と言っていた。

しかし生き残ったオリジナル・メンバー(ご存知の通り、ジョニサンとジェリー・ノーランはすでに他界している)は再結成に乗り気で、フィルムの主人公であるアーサーは、ニューヨークでリハーサルした後、ロンドンでのたった一回のライブのために旅立つ。

ちなみに、この公演のためにベースを質屋から出すために、教会の人たちがお金を集めて、アーサーにくれたそうです(涙)

ロンドンでのアーサーは、ホテルの部屋に電話が3台付いていることに感動し、コンサートの日の昼食会では「人生で食べた昼食の中で、一番美味しい昼食だった」と言っていたんだって。

ホテルのシーンで、どこのホテルにもある電話が置いてあるデスクがあるじゃないですか。あれを見て、「あんなマホガニーのデスクがうちにも欲しいな」って言っているところがもう泣けてきた。

メルトダウン・フェスでのドールズのパフォーマンスは、ものすごい評価が高くて、この後ドールズは正式に再結成して、アルバム2〜3枚出し、数年間はフェスに出たり、ツアーしたりすることになるのだ。が!!

アーサーはメルトダウン・フェスからLAに戻ってきて、またいつもの図書館の仕事に戻るんだけど、ロンドンで風邪を引いたとか言って、体調が悪かった。ある日救急車で病院に運ばれ、白血病と診断され、2時間後に亡くなった。メルトダウン・フェスから22日後のことだった。

モリッシーを始め、クリッシー・ハインド、ボブ・ゲルドフ、ミック・ジョーンズ、ドン・レッツなど、ブリティッシュ・ロックの一時代を築いた人たちがみんな口々に「ドールズから最も影響を受けた」と言っているのに、そのメンバーであるアーサーに与えられたのは、十代の時の約2年間の名声と、50歳過ぎてからの、たった一回の再結成コンサート。

エンディングにザ・スミスの『Please, Please, Please, Let Me Get What I Want』がかかり、アーサーが若い時ドールズにいた頃の写真が走馬灯のように出るんだけど、もう涙が止まらないです・・・・。図書館で一緒に働いていたおばあちゃんは、アーサーが死んで本当にガッカリしていた。

こんな人生を送る人もいるんだなあ、アーサーは幸せだったのかな?とか、色々考えさせられます。
まゆ

まゆの感想・評価

3.6
卒論資料
かっこいい
30年ぶりの再結成のために、質屋に入れてたベースを買い戻すシーンにグッときた。作り話のようなラストも、知らなかったので衝撃だった。ほんと映画のような人生。最後に仲直りできて良かったね、と思った。ラモーンズの映画で、ジョニーはジョーイとの関係において真逆のこと言ってたけど…。
まさかのホロっときてしまった、、
アーサーはロックの神とモルモン教の神に生かされていたね

大好きなドールズの軌跡がベース、アーサーの視点とモリッシー、イギーポップ、ミックジョーンズら豪華なメンツによって語られる。
下手な言葉でこのドキュメンタリーを形容したくないとまで思わせる。

再結成のサポートドラム、リバのゲイリーなんだけどリバのフロントメンバーたちに慣れてる彼にとってはお手の物なのかな?

シルヴェインの来月の来日が楽しみ
KAZU

KAZUの感想・評価

4.0
『超私的音楽映画特集2017夏』
夏フェスシーズンに合わせて、音楽ムービー特集!第四弾&祝500マーク!

フジロックに続きサマソニ初日行ってきました〜。今年はフェス三昧、音楽三昧でしたが無論、映画も観てますよっ!

今作品は後々のピストルズなどのパンクムーブメントに多大な影響を及ぼした、ニューヨーグ発のグラムロックバンド、ニューヨーグドールズの再結成を追ったドキュメンタリーであり、煌びやかなバンド活動後の一人の男の人生を描いた作品です。

ドラッグと酒に溺れ一瞬の輝きで散ったバンドの創始者の一人、ハリーケインの人生の浮き沈みを追っていますが、観てるこちらも苦しさを感じる程のまさに転落。アルコール依存から自殺未遂、その後遺症から障害者となり平均以下の暮らし。
経済的な余裕は無く障害手当でくらす日々。様々なバンドに影響を与え、世界を席巻した末路がこれって悲しくて仕方ない。部屋にあるレコードやバンドTが泣いてるよ...ほんと。知らなかった。

解散から30年後、バンドは奇跡の再結成を果たしますが、ハリーケインは結成後の一ヶ月後に白血病で亡くなります。このドキュメンタリーを見ることも叶わず。

映画以上に衝撃なラストと事実に震える。

享年55才。早すぎる死ではあるが、バンド楽曲同様世界に残した爪痕ははかりしれません。

『超私的音楽映画特集2017』
☑︎EDEN (2015年)3.9
☑︎ダフトパンク エレクトロマ(2006年)1.0
☑︎デトロイト ロックシティー(1999年)3.9
☑︎ニューヨークドール 3.9
◽︎Woodstock 3Days of peace of music
maria

mariaの感想・評価

-
授業で鑑賞。ニューヨークドールの全盛期と今の老いた状態の比較が何度もでてきてその違いに切なくなった。けれどそう感じるのは結局見ているものの不要な同情で,本人は今の生活を謳歌しているように見えた。
渋谷の映画館で見た。ドールズの復活とアーサー"キラー"ケインを追ったドキュメンタリー。

名は通ったバンドに在籍してたのにそのみる影もない生活がショックだった。
ホテルの部屋で彼がふと洩らした「俺の部屋には何もない」
ミュージシャンのまま死ねたジャンキー連中が幸せに思えるくらい本当に辛かった。

上映が終わって明かりがついた疎らな客席見回すと一人で見に来てたオッサン達は号泣、逆に女子高生二人は意味わかんないとポカン、働き始めてた自分は涙目。
如実に人生経験の差が出てた。

今見たら確実に泣く。
キヨシ

キヨシの感想・評価

2.0
中学の時観て、ジョニサンが破天荒ってとこしか解らんかった記憶
たまい

たまいの感想・評価

3.6
大好きなニューヨークドールズのベーシスト、アーサー・キラー・ケインのドキュメンタリー。全盛期とはまさに間逆の生活(職場までバス通勤、教会通い)をするアーサー・ケインにドールズ再結成、死去までの期間を密着した名ドキュメンタリー。音楽で飯を食う辛さは話にはよく聞くけどもここまで壮絶なものかと言葉を失う。ましてやパンクの元祖、セックスピストルズの元ネタであるニューヨークドールズでこれなんだから酷いもんだと思った。
豊

豊の感想・評価

4.2
記録