ねぎれんほーる

スライディング・ドアのねぎれんほーるのレビュー・感想・評価

スライディング・ドア(1997年製作の映画)
3.2
もしもあの時‥‥

【あらすじ】
電車に乗れた場合と、乗れなかった場合に起こるだろう二つのドラマを同時進行させて描く異色のラブ・ストーリー


【感想】
少し期待していたものとはずれていて残念。

2パターンの物語が同時進行していくという斬新な設定には惹かれたが、その肝心な内容がいまいち合わなかった。

結局‥‥‥っていうのも個人的にはあまり好みではなかった。


ただ傷がついていたり髪型を変えたりと物語が混ざらないようにしてある工夫のおかげでどっちがどっちだかわかりやすかった。


とりあえずなにがいいたいかというとこの時のグヴィネスパルトロー綺麗だった。