ローグ アサシンの作品情報・感想・評価

「ローグ アサシン」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

2.5
ジャパニーズヤクザVSチャイニーズマフィアにFBIがプラスされるだけの映画だと思い何も考えなくタラタラ観て
石橋さんかっこいい~
ケインコスギかっこいい~
なんて思ってたら終盤『え?え?』ってなった。
こういう映画だと想像してなかったからラストにやられた感がありました。

ジェイソン・ステイサムそりゃないよ~
tomojapan

tomojapanの感想・評価

3.5
二人共好きな俳優です。
ika621

ika621の感想・評価

2.9
ステイサムvsジェットリーの構図だけは良かった。内容と日本描写にはがっかりしてしまいました。
もりや

もりやの感想・評価

3.4
最後があっけなく終わりすぎて
肩透かしくらうパターン
最後のオチは読めなかったけど、脳ミソ空にして見られる
またおかしな日本像が、、、
Marron

Marronの感想・評価

3.1
ケインコスギ
最後ちょっとひねってくれたのは良かったけど、あんまり見どころがなかった。
ジェット・リーってこんな顔でしたっけ⁇
ていうかイモ欽トリオの山口良一じゃないよね⁇


終始、ジェット・リーの顔に違和感を感じざるを得ない本作。
ジェイソン・ステイサムとのアクション俳優の共演が見どころなのでしょうけど、ストーリーのオチが雑すぎて見終わった頃には観て損した気分です。

辻褄が合わないストーリーでとても残念でした。
唯一、良かったのは石橋凌さんですね。
この面子の中でも堂々としたヤクザ役は流石ですね。
ただ戦国時代に織田信長が天下統一したって言ってたのはアホ丸出しでしたけどね。
ジェイスン・ステイサム&ジェット・リーのクライムアクション

実質上のダブル主演が見応え有り

石橋凌は、ちゃんとしてるのに他の日本描写はああなっちゃうんだなぁ…

まぁ、犬の鳴き声一つとっても「ワン」が「バウ」に聞こえる文化の違いってやつ💦

このレビューはネタバレを含みます

 日本のヤクザとチャイニーズマフィアが抗争をしている中、殺し屋のジェット・リーが双方を殺しまくって、FBIのジェイソン・ステイサムが追いかける話。

 ローグと呼ばれる凄腕の殺し屋を追いかけていた主人公のFBI捜査官は相棒をその殺し屋に殺されて、執念で追いかけてる。ヤクザとチャイニーズマフィアが抗争していて、どうやらそこに殺し屋ローグがいるぞとなって……。

 やたらと画面がチカチカとフラッシュバックして見づらいことこの上なくてストーリーに集中できないのが痛いです。そして人間が虫けらのように死んでいくのが個人的には受け付けなかったです。
 ジェット・リーとジェイソン・ステイサムという二大スターの対決もそんなにない上にスタントマン感いっぱいの対決であまり2人が戦っているように見えないのも盛り上がらながったです。
 話もジェイソン・ステイサム目線の話なのかジェット・リー目線の話なのかが視点が誰なのかが中途半端なのも面白さを感じることができにくい要因だと思いました。

 拳銃でバンバン人を殺すジェット・リーなんて、あんまり見たくないし。刀の対決も相当工夫しないと単調になってしまって退屈に思えました。
 怪しい日本語を喋る日本人みたいな人たちはハリウッド映画だので目をつむる映画でした。
 
 とはいえ、ヤクザの親分役の石橋凌さん渋いし。ジェット・リーと戦ってるのがカッコいい映画でもありました。
>|