temmacho

クリムゾン・タイドのtemmachoのレビュー・感想・評価

クリムゾン・タイド(1995年製作の映画)
4.0
『クーデターが勃発しロシア情勢は一気に悪化、反乱軍が核施設を制圧した事で世界は第三次大戦の危機を迎えた。米海軍はベテランの艦長と新任の副長を乗せた原潜アラバマを派遣するが、核攻撃準備の指令をめぐって艦長と副長は対立してしまう……』(Yahoo!映画より)

「潜水艦映画に駄作なし!」

艦長は「ジーン・ハックマン」
副長には「デンゼル・ワシントン」
命令には絶対の艦長と、核のホロコーストに慎重な判断を求める副長。
艦内ではそれぞれの派閥ができ、体制が二転三転する。
潜水艦という外部から隔離された世界で、この世の滅亡を判断しなければならない葛藤を描いています。

ずっと緊張したシーンが続きますが、全く飽きさせない見事な演出。
監督は数々のヒット作を生み出した、故トニー・スコット。
じつに惜しい!