赤い風船の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

赤い風船1956年製作の映画)

LE BALLON ROUGE

製作国:

上映時間:35分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「赤い風船」に投稿された感想・評価

Johnson

Johnsonの感想・評価

-
少年と赤い風船の友情を描く癒し映画。

灰色の街並みと対照的に鮮やかな赤色の風船が際立つ。

台詞がほとんどなく、少年と風船の動きのみで話が進んでいき、『トムとジェリー』や『ルーニー・テューンズ』のような面白さがあった。

とにかく風船🎈が可愛くて可愛くて猫動画見てる感覚。
Kyohei

Kyoheiの感想・評価

-

こんなにファンタジーな作品だったとは思わなんだ。
フィルマークスしばらくサボってたので、一気に投稿です😇🎈
めちゃくちゃステキ🎈🎈🎈
PUFFIN

PUFFINの感想・評価

4.0
まるで絵本のような映画。
風船が人格を持っているように感じる。
みお

みおの感想・評価

3.0
私のとこから風船飛んでったら泣くからな
Ken

Kenの感想・評価

4.0
死がある童話は本物だと思う。
yukiho

yukihoの感想・評価

4.7
これめっちゃすごい。セリフないのに、こんなに伝わるもんなんやな
戦後のフランスの少しどんよりとした灰色の街と、赤いバルーンというコントラストが良かった。
赤いやつ、、、
授業にて鑑賞。
色々な考え・感想が飛び交った後、キリストの復活のオマージュだぜって言われてなるほど。どこまでいっても西洋的物語はキリスト教的世界観から逃れられないんですね〜。

1956年のパリはまだ戦争で失った跡が残っていて、その中を少年が赤い風船と一緒に歩き回る。灰色の街に赤い風船がエネルギーを与えていくような感覚をもちました。

少年の孤独さと優しさ、それに応える赤い風船。街のあちこちから無数の風船が集まり少年を空へ連れ去るシークエンスはカタルシスがありました。CGを使っていないからこそ、より美しかったのかな。
よ

よの感想・評価

-
風船に映る街がやけに綺麗だと思ったら、反射させるためにニス塗ったらしい。

セリフなくても動きで意思を見せられる