紗也香です

プラダを着た悪魔の紗也香ですのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
3.8
ファッション雑誌ランウェイの編集長のアシスタントとして働く主人公アンディ。
そして面接の時から地味〜でファッションセンス0な彼女が、突然見た目も中身も変わっちゃうお話。

アンディの彼氏や友達が、前の方が良いって言ってるのに結局のところ元に戻るんかな〜って思ってたからちょっと期待外れでした。
正直、初めの方は服借りてたやんな??それちょっとずるくない??って思ってました(笑)まぁファッションは外見だけでなく着るその人の気分とか自己表現にもつながるものなので良いですが。(^_^)

アンディが編集長に認めてもらえないのを愚痴ってるのに対してのあの方のセリフは心に刺さりましたね。君は仕事をしてない。努力もしてない。のに愚痴る権利なんてない。っていう。
私も愚痴りたいときもあるけど、それは自分が悪いだけのときもあるなと感じた。

最後にアンディが新たな道に進んでいる姿を微笑ましく見る編集長のミランダ。1人で街を歩いてるのも力強かった。