manami

プラダを着た悪魔のmanamiのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
4.2
メリル・ストリープ。
やっぱりすごい女優だ…。

話し方や仕草表情すべてが素晴らしかった。
アナウィンターが実際にあんな感じかはわからないけど、鬼の編集長役ではメリル・ストリープが一番はまり役だと思います。


映画のテーマはファッションと仕事と私生活の両立の難しさ。

わたしもファッションには疎い方だけど、アンディの生活についてはとっても共感しました。


仕事のための生活なのか、
生活のための仕事なのか。

忙しい時ってそれを考える余裕もないくらいに毎日を乗り切るのに必死になってしまう。
もちろんどっちも大事だけど、どっちにも100パーセントの力で臨むのって本当に難しい事だから。


でもアンハサウェイ演じるアンディは、とても恵まれた環境だったと思う。

家族にも友人にもそして彼にも支えられていたことに、ちゃんと自分で気付けたから。


わたしも後悔しないように、なにか大事なものを見逃したり疎かにしないように毎日生きていけたらな。
難しいことだけど、失敗したからこそ見えるものもあると思いました。

元気がでる映画です。