ymd

プラダを着た悪魔のymdのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
4.0
今までスウィートなサクセスストーリーものかと勝手にビビって観てなかった。
でもたまたまテレビでやってたから今しかないと思い鑑賞。

これ、そんな単純なよくあるスウィート映画じゃなかったです。
もちろんそういう映画が好きな人にも堪らないとは思うけれど、ただの表面をなぞらえたようなB級映画ではない。

度々映画中で語られるのは“仕方なく”とか“言われたから”という言葉。
アン・ハサウェイは仕事や恋や友情の失敗を環境のせいにして逃避していくが、それをメリル・ストリープ御大が木っ端微塵にぶち壊していく。

メリル・ストリープの尊大な態度はなかなかムッとさせるが、時折見せる柔和な表情の包容力たるや。アン嬢と一緒に落ち込む僕の心まで包んでくれます。

覚悟を決めること、責任を持つことの重大さをこれでもかと教示してくれるこの映画。ある意味めちゃくちゃビターなA級映画でした。

とはいえアン・ハサウェイの身麗しいモデルっぷりは極上の甘美さでございました。

今更どうこう言っても仕方ない周知の作品だろうけれど、僕のように見逃していた人はぜひ。