ジョーカーくん

プラダを着た悪魔のジョーカーくんのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
4.4
映像と音楽だけでも見ていて飽きない。それだけ完成度が高い。
そして世界観が素晴らしい。美しいファッションの核を描くとともに、アンドレアの周りのダーティーな雰囲気も描く。そしてその2つは同じ世界のものであるということに気づかされる。この全てを含めて美しい。

思っていたよりストレスが溜まらないストーリー展開で、メッセージ性がありながらもエンタメとして出来上がっていた。


ラストシーン。アンドレアとミランダの対称的な人間性。ミランダの、周りの人々をバッサバッサと斬りまくる性格。しかし、ミランダもまた人間なのだというシーンの見せ方がとにかく素晴らしい。ミランダの弱みを見せないように、一瞬、人間ぽさを表現しているのだ。
対するアンドレア。アンドレアは人情味に溢れているようだが、ジャーナリストという一つの夢を持ち、その夢のためにファッション業界に進出をした。それは一つの目的のためならなんでもするというアンドレアのモットーよりはもちろん甘いが、結局向かう道は一緒なのだ。そしてこの2人はものすごいカリスマ性を秘めている。

そのラストは感動とともに爽快である。