カイザーソゼ

プラダを着た悪魔のカイザーソゼのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
4.0
活力をくれる快作!

アンハサウェイ演じるアンディはメリル・ストリープ演じるミランダが編集長を務めるファッションマガジンの秘書となり成長していくサクセスストーリー!

アンハサウェイが美しく何度も目を奪われます!
ファッションは華々しく10年以上前の作品なのに古さを感じないのは私が古い人間だからでしょうか?

ミランダのストイックさには脱帽ですが、良いものを作るためには妥協はないんだと感じさせられます!

サイモンベイカー演じるクリスチャントンプソン!『メンタリスト』のファンってのもありますが、同性でもあの笑顔にはノックアウトさせられます!彼にしか出来ない女性の口説き方が目白押し〜

そしてなによりこの作品で好きな部分はスタンリートゥッチ演じるナイジェルの名言達!
おしゃれで哲学的な言い回しのナイジェル!
こんな言葉をさらっと言える人間になりたい!って思う。
『キミは努力していない。愚痴を並べているだけだ。』
『プライベートが崩壊したら教えてくれ。昇進のタイミングだ。』
理想の上司像デスヨネー
自分が努力してないことに気付かされます〜ありがとうございます!

ごちそうさまでした!