鍋レモン

プラダを着た悪魔の鍋レモンのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
4.1
⚪概要
ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説を映画化した、ハートウォーミングな女性映画。

アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントの仕事を手に入れるのだが、翌朝から24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢の日々が始まった...。

⚪感想
「目を覚ませ サイズ6」

ファッション誌の舞台裏をコミカルに描いていて面白かった。

『マイ・インターン』もそうだけど恋も仕事も頑張るアン・ハサウェイは最強に可愛い疑惑。そしてスタイルが良く、顔も整っているアン・ハサウェイはどんなにダサい服を着てもオシャレに見える疑惑。

編集長のミランダとアシスタントのアンディのやり取りがスリリング。早口で何個も「〜やっといて」と言われたら最後の1つぐらいしか覚えられないって。ハリーポッターの続編を出版前にゲットするとかはもうできないと思っと言ってるから怖い。
それでも登場人物みな主人公アンディを本当に嫌っている訳ではないのが分かるから好き。
エミリー・ブラントが演じた嫌味な同僚エミリー、スタンリー・トゥッチが演じたファションディレクターも素敵。
メリル・ストリープとアン・ハサウェイ、スタンリー・トゥッチ、エミリー・ブラントとキャストそれぞれが役に合っている。

映画の中で続々と登場するファッションや着こなしがオシャレ。レベルが高すぎて参考にはならない。

一つ一つのセリフもクスッと笑えたり、勇気を貰えたり、勉強になったり。

スタンリー・トゥッチが途中経過までマーク・ストロングかと思ってた。

ラストの展開というかセリフは泣ける。

はぁ、就活...。

⚪鑑賞
ミッドナイトアートシアターで鑑賞(吹き替え)。