プラダを着た悪魔の作品情報・感想・評価

プラダを着た悪魔2006年製作の映画)

THE DEVIL WEARS PRADA

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.0

「プラダを着た悪魔」に投稿された感想・評価

kanz

kanzの感想・評価

3.2
別嬪さんの社会人一年目!

仕事に情熱を持ってる人間ははたから見たら滑稽だったりするもの…愚痴られたり、蹴落とされたりでも一生懸命は素敵やん
観たことあったような気がする。
しかし、この手の作品は現実的に考えるといろいろおかしい、そりゃ私もおしゃれな服が着たいわ!サンプル品?毎日貸してくれるんか??沢尻さんのドラマでも思ったけど主人公がいきなりお洒落になる!など難しいのだ!どうせなら服は借金して買った!とかレンタルしながら…のがまだ良い(泥沼)アグリーベティーのベティーは自分の服装を最後まで貫いていたぞ!
それにアンハサウェイだから何着ても可愛いんや!ダサくもないわ(見も蓋もない)
仕事をすること、の意味を見つけるという感じのテーマなのか…?
それなら大元の「ファッションが教えてくれたこと」を見ましょう。
Mi

Miの感想・評価

3.5
学生時代の時に初めてみた時、アマンダがただただ嫌な上司に見えた。社会人になってから見た今回はそうでもないように思えた。

アン・ハサウェイ、スタイルも顔も最高に綺麗でいろんなブランドの服を着るし目が幸せでした。

ゴルチエが好きなので名前が出てきた時はちょっとテンション上がりましたね。
entrof

entrofの感想・評価

4.0
久々に観直してみた。アンよりもナイジェルの考え方が良いがミランダのシビアな部分もある種、共感できる。仕事に対する姿勢の一つとして学べる映画^ ^
ばり

ばりの感想・評価

5.0
心の底から好きだった
仕事をしていく上で (恐らく仕事以外でも)、とても基本的だけど大切なメッセージが詰まった映画でした。

相手(他人)に自分を認めてもらうには、まず相手の価値観を認めその上でそのフィールドで何ができ、何が提供できるかということを考えるべきなのに、「迎合はしない」とか「自分の価値観を認めてくれないなら別にいい」をベースにやってしまいがち。それでも一生懸命にやっているのは間違いないのだけれど、当然相手には響くこともなく、結果、認めてくれないからと相手を批判するという悪循環に陥いかることになる。
でも、最初のボタンのかけ違いに気付き、自分を少しだけ変えられれば未来は変わってくる。
主人公アンドレアの姿を観ながら、自分と重ねたり、自分も頑張らなければと思った人も多いのでは。
そして、認めてもらおうと頑張った相手が本当に素晴らしい人物であれば、こっちが期待していない形でその頑張りをちゃんと評価してくれるというおまけは最高だと思う。
こめ

こめの感想・評価

3.5
観たはずなんだけど記録漏れ
たかぎ

たかぎの感想・評価

4.1
男でも十分楽しめた。生きてく上で仕事、友人、家庭、趣味などどこを大事にしたいか考えさせられる。とりあえずアンハサウェイがかわいい。
>|