007/ダイ・アナザー・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

「007/ダイ・アナザー・デイ」に投稿された感想・評価

安定の面白さ。寒くなかっのか…(^^;
peco1432

peco1432の感想・評価

3.1
懐かしい発明品が出てきてちょっとテンション上がった。
氷上のカーチェイスはカッコ良かった。
最後それはやらない約束じゃんって思ったら安定のオチで良かった。
あまりにも圧倒的な(レベルの低い)CGでのサーフィン!ただのB級ディザスタームービーにしか見えない衛星ビームイカロス!現実味を超えた透明になるボンドカーにDNA移植!
ここまでやられると007を定義づける要素とは何なのか困り果ててしまう。いやマジで、点数不能に近いぞ
20作品目にしてピアース・ブロスナンの最終作です!
ボンドガールにハル・ベリーと、今みると豪華で最終作にふさわしいキャスティングですね!
やっぱりボンドは任務で動くより、こういう私情で行動する方が強いし見応えあるなって改めて思いました笑。
CG盛モリでスケールもでかくなってますが、前作と大部分が似てるのでそこが残念でした。
でも終盤の展開は素直にかっこよかったので楽しめました!
shamcafe

shamcafeの感想・評価

4.1
いいね、
これはさすがに。いやさすがに。007ではなくキャプテン・アメリカあたりの案件。アッセンブルしてもらう方向で。

まあ嫌いではないけど展開がバカすぎるというか、バカ展開なのはまあ良いとしてシーンとシーンが繋がってなさすぎるのがちょっと。

ただ、グスタフと父親のお互いの想いがとても良くて、いままで007はなんか俯瞰して歴史を見るような感じで映像を摂取してたんだけど、20作目にしてついに心を動かされたかも。
息子が西側との架け橋になればと育てた父親と、その結果堕落してしまった息子のすれ違い。やがて巨大な力を得た息子は父にそれを見せつけるが、その様子がなんか、父に褒めてもらいたかったようにも見えたんだよね。でも父親は息子にそんな力望んでなくて、あんな結末になってしまうわけで。
この映画でそんなとこに感情移入しても仕方ないんだけど、なんだかグッときてしまったなあ。

でも映画は別におもんなかったので微妙なスコアに。
おだ

おだの感想・評価

3.4
2020年鑑賞185本目。
シリーズ40周年、20作品目の記念作品。もうなんでもありのド派手でおバカな超大作娯楽映画のお祭りじゃ!

007シリーズ第20作目の鑑賞。
シリーズの節目となる記念作品ということだけあって、アクションやCG盛り盛りのド派手映画となっている。さらにシリーズファンが喜ぶ演出として、これまでの作品で出てきた「Q」によるトンデモ発明品が再登場する。ジェットパックやワニ型潜水艇など。
ボンドによる伝統芸能、「出会った直後セックス」が今回も炸裂。これも昔からのファンに対するサービスか。
序盤で北朝鮮に捕まり、捕虜となるボンド。ソ連、ロシア、北朝鮮との緊張関係など、007シリーズはこれまでも当時の世界情勢を物語に反映してきた。捕虜になるボンドを見るのは初めて。しかもそこから14ヶ月も北朝鮮に捕まり、ヒゲモジャになる。
ようやく本国に帰ることができたかと思ったら今度は密告に疑いをかけられ、「00」の資格を剥奪され、単独で行動することに。こんな展開も前あったよね。
細かい突っ込みどころの多さは初期の007作品を彷彿とさせる。記念作品だからまあいっか。と言わんばかりのIQの低さだった。
記念作品ということで僕もシリーズのここまでの総括を簡単にしてみようかなと思う。
スパイ映画の代表作となった007だが、シリーズ初期は話のスケールに当時の撮影技術が追いついておらず、バカっぽく見えてしまい、そのバカ路線を強化してきた時代もあった。そんな時代が長く続いて、ジョン・グレン監督のリアリティとアクション強化の時代に入る。その後、CG技術が発達し、話のスケールに見合うリアルな映像表現ができたことでド派手アクションとCGの時代へ。だが、その後まもなく今度はCG技術が先に行き過ぎて表現が逆にバカっぽく見えてしまう時代に。
といった感じでしょうか。
この後のダニエル・クレイグ版の007がどうなっていくのか。残念ながら公開延期となった最新作「ノー・タイム・トウ・ダイ」に向けて引き続き見ていきたい。

2020/10/12鑑賞
なんですかね
単純にツマラナイですね。

前作までの本格アクションから
CGが増えてイマイチな映画に?

まずあれだけの兵器を手に
いれた北朝鮮の目的が
なんだこれ感。

マドンナが同タイトル曲を担当し、
映画出演も果たしたり
と色々期待する要素があったのに

ハル・ベリーがメインのボンドガールに
ダブルアニバーサリー作品らしく、
過去の作品から様々な場面設定を
引用しているのが今回の目玉だけど
意外に解りにくい、言われて気が
つく感じだし。

何だかなぁ・・。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.3
凄く大味。40周年記念のお祭り作品だし全部盛ったろの精神。北朝鮮に拉致され1年以上拷問されても、髭生えただけでピンピンしてるのリアリティなさすぎ…

過去作オマージュしてもイマイチ盛り上がりに欠けるのって、過去作のさほど重要なシーンを引用してるわけじゃないし、お話に直接関係ないから。スカイフォールのアストンマーチンみたいなここぞって場面で出してくれてたらお祭り映画になってたのに…
>|