どーもキューブ

ユメ十夜のどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

ユメ十夜(2007年製作の映画)
3.3

このレビューはネタバレを含みます

 10人10色な夢

 

夏目漱石原作を10人の監督が取り上げた分厚いオムニバス。

それぞれの解釈が違うので楽しい。  
名匠市川崑、実相寺監督から山下監督まで幅広い十人。

邦画でわ珍しいボリュームが嬉しい。

中でもギミックに懲りすぎたかな?松尾スズキ監督、ダンスと阿部サダオの轟く声。松尾監督らしい作品。

山口監督の作品は、一番インパクトあって笑います!松山くんのちょい戸惑ってる感とブヒブヒ本庄まなみさん(笑)。

ベストエピソードは、素晴らしい世界観に終始している豊島監督。

馬に乗る市川さんが凛々しい。

一番好きですね!

あの得体のしれないのが不気味で一番良い夢です!

2008年12月15日 15時18分レビュー