Kensuke

悪の教典のKensukeのレビュー・感想・評価

悪の教典(2012年製作の映画)
3.8
面白かった。

ただのサイコパスや猟奇殺人の作品と違って、ちゃんとエンターテイメント作品になっているのが良かった。

「怖いもの見たさ」という言葉通り、安全な所から異常なモノを観るというのも映画の楽しみ方の一つだと感じた。

またこの作品を面白いと感じた時点で、自分の中にもグロテスクなものへ対する興味があるんだと認識させられた。

良作!