悪の教典のネタバレレビュー・内容・結末

悪の教典2012年製作の映画)

上映日:2012年11月10日

製作国:

上映時間:129分

3.1

あらすじ

「悪の教典」に投稿されたネタバレ・内容・結末

普通に面白かったです
AED複線回収がよい
なんであの2人が裸なのか、見終わってから気づいた
すべてが殺戮のシーン以降の為にあると思う。それ以前はよく覚えてないし、正直内容もそこまでない。けれどあのシーンだけが最高に良い。
心理戦と思ってたのに後半はアホみたいに銃をバンバンするだけで期待と違う!
松たか子の告白を見た後だったので落札ありすぎのチープさにガッカリ🤷‍♀️
計画も杜撰で、絶対バレるやろ…的な。

後半30分くらいでバカバカしくなってきて辞めようと思い、早送りした。
伊藤英明の演技が良かった。

たった一つ整合性が取れなくなったからといって全員を殺そうとする発想が頭おかしい。
どんどん殺していく様は振り切っていて逆に面白かった。

これ久米先生の仕業なんだよ
to die?
山田孝之の死に方

とか、少し笑えるところがあって面白かった。

あれだけグロいと難しいとは思うけれど、続編があったら観たい。
高学歴で優しくて生徒想いで、良い先生だと思ってた人が殺人鬼。中学生の時に観た私には衝撃的でした。観ていてハラハラして疲れますが、殺人シーンは明るい音楽が流れていて何故かすんなり観れてしまいました。そこが恐ろしい所だなとおもいますが、、。突然外人が出てきて銃が話し出すシーンは私には現実感を吹き飛ばされる感じであまり納得できませんでした。
惜しい!
主人公ハスミンに纏わるサイコスリラーっぷりを邦画的に丁寧に描写しながら外国人が出て来た辺りで急にギアを上げて洋画のような軽妙なノリに転換したのは意表を付かれて面白かったが、如何せん、生徒のノリが日本の小説に出て来るような、あまり現実感がなく、それでいて気が利いてるわけでもない
日本の小説特有の生徒達って感じで、両者の喰い合わせがかなり悪いように感じました。
その違和感を楽しめってことだったとしたら私は楽しめなかった
すんません
でも面白かったです
まさにグレイト。

じわじわと怪事件が起こり始め、
疑う者たちから偶然居合わせただけの者まで
あるいはただのカラスまで、無感情に殺す。殺す殺す。
まさに殺戮サイコキラー。プロである。
隠蔽も信頼を得るのもうまい。カリスマ性。
典型的サイコパスでしたね。
頭のなかで囁く相棒たち。オーディンの意志とか。

クレイジーな音楽が殺戮をスタイリッシュにしている。
ラストの自白がちょっとこじんまりしてるのが
逆にリアルで良い。実際そんなもんだと思う。

ちゃんと全員殺したか確認しなかったのはミスだが
この状況で生徒が天才的に閃くとは予想できまい。
しかしながら、捕まってもなおこの余裕。
俺たちに責任能力なんかない。そおだろうね。笑

もう次のゲームは始まっている。
うんきみ鋭いね!たぶん正解!!
続く……で終わると。わくわくしました。

なにげに東大くんのTo die 地味に好き。
ドラマーでパンツキャッチうまい山田孝之最高でした。
ずっと見たかったけど、R15指定にビビりまくって見れてなかった映画。

二階堂ふみってやっぱりどの映画でも二階堂ふみ。気が強い子弱い子どちらでも芯がある子に見えるのがすごいな。
神に取り憑かれた男がただただ生徒を殺していくっていう話。生徒間でもうちょっとエピソードがあってもよかったかなと。あまりにあっけなくみんな死んでいく。
最後の生き残った女のセリフ、「こいつはもう次のことを始めているのよ!」が引っかかった。生き残った愛人の女子生徒に憑依したってことなのかな?
面白かった。叫ぶ生徒たちを平然と笑顔で撃つハスミンが恐ろしい。人間死ぬ時やっぱ怖いよなあと。
浅香くん目当てで見たけど、林遣都とか松岡茉優とか、今では有名な役者さんばかり。凄。
伊藤英明の気持ち悪く優しい感じとか、陽気な音楽とか、全てが狂ってて面白い。
ふたりとも生き残ってくれてよかった。
かっこいなあ浅香航大。
あっという間の映画。テンポが良い、無駄がない。
山田孝之みたいな教師いるわ。パンツ(笑)
>|