悪の教典の作品情報・感想・評価

悪の教典2012年製作の映画)

上映日:2012年11月10日

製作国:

上映時間:129分

3.1

あらすじ

蓮実聖司は、生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。 学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鑑」とも呼べる存在だったが、それはすべて仮面に過ぎなかった。 彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。 蓮実は自らの目的のためには、それが最善の策であれば、たとえ殺人でも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自…

蓮実聖司は、生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。 学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鑑」とも呼べる存在だったが、それはすべて仮面に過ぎなかった。 彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。 蓮実は自らの目的のためには、それが最善の策であれば、たとえ殺人でも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺していく。 そして、いつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配しつつあった。 だが、すべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露呈してしまう。 それを隠滅するために考えた蓮実の解決策。 それは、クラスの生徒全員を惨殺することだった…。

「悪の教典」に投稿された感想・評価

ハスミン怖い。
Nonko

Nonkoの感想・評価

3.1
どんすか死んじゃう。
アーチェリーの子はなんしとん
今までなんか胡散臭くて好きになれなかった伊藤英明を好きになれた映画。

物語自体に深みはないです。頭を使わずに楽しむタイプの映画。
この作品の見どころは、やっぱり尺長めの生徒大殺戮。
ハスミンがショットガンで生徒一人一人を丁寧に殺していきます。
人がこんなに死んでいるのにクスッとしてしまうのが不思議。
ここが楽しめない人にとってこの映画は退屈な映画になるんだろうなあ、といったところです。

例のあの曲、頭から離れなくなります。
なんで生徒全員を殺そうと思ったのか、その動機がわからないのにただただ怖い
な

なの感想・評価

4.0
グロいけど、スカッとした。
心理描写の見せ方
>|