悪の教典の作品情報・感想・評価

悪の教典2012年製作の映画)

上映日:2012年11月10日

製作国:

上映時間:129分

3.1

あらすじ

「悪の教典」に投稿された感想・評価

染谷将太が出てる為
ふ

ふの感想・評価

3.5
海猿で知った人にとっては、伊藤英明の変人役は圧巻。学校を舞台に描かれるストーリーの中で、なかなかに猟奇的な作品だと思う。
Minekazu

Minekazuの感想・評価

2.8
まあまあ頭おかしい。
容疑者が絞り切られている中で、物的証拠を残しすぎな印象。特に銃はリスクが高い。逮捕されようがお構いなし精神で殺しにくるのなら別だが。

伊藤英明の気持ち悪さは本物のそれ。(褒め言葉)
トラウマ作品。
ぱゃ

ぱゃの感想・評価

4.0
バイオレンス系でスプラッタ系って、好きじゃないけど怖いもの見たさで見ちゃうんですが、これは別ベクトルでめちゃめちゃ好きなシーンがあったので好き。他のレビューにも書いてある通り殺すシーンが結構あるんだけど、そのときに音楽かかったりしてて、その音楽の軽快さが殺人シーンとは思えない感じなんですが、もう最高。朝、リズムのいい音楽かけながら支度とかする時のあれみたいな感覚で人を殺してるのが伝わってきて感慨深かった。違う世界が見えた。伊藤英明の演技も相まって凄かった。
みはる

みはるの感想・評価

2.5
何が伝えたかったのかわからなかったです。
mau

mauの感想・評価

3.3
記録
RYO

RYOの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

伊藤英明の演技が良かった。

たった一つ整合性が取れなくなったからといって全員を殺そうとする発想が頭おかしい。
どんどん殺していく様は振り切っていて逆に面白かった。

これ久米先生の仕業なんだよ
to die?
山田孝之の死に方

とか、少し笑えるところがあって面白かった。

あれだけグロいと難しいとは思うけれど、続編があったら観たい。
きろく
しょーもない
>|