悪の教典の作品情報・感想・評価

悪の教典2012年製作の映画)

上映日:2012年11月10日

製作国:

上映時間:129分

3.1

あらすじ

「悪の教典」に投稿された感想・評価

ShoSaito

ShoSaitoの感想・評価

3.6
伊藤英明はこういう役がぴったり。

コレを経たからか、今はデオウのCMで見る度
に似合い過ぎてて笑ってしまう。笑

アメリカのサイコパスものと違い、軽く観られる感じなので気負わずにどうぞ。
1年に1回くらい見てる
Watanabe

Watanabeの感想・評価

3.9
サイコパスな映画です。
伊藤さんがゲーム動物の森を2つ持っていて、1つは普通に、もう1つは酷すぎる世界を作っていたことを監督が知って主役を決めたとかいう噂を聞いて見ました。
Jami

Jamiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

原作未読です。
伊藤英明の怪演、最高でした。

ストーリー展開もテンポ良く、当時サイコパスの意味を知らなかった私でも理解できる、わかりやすい演出があるのもいいポイント。

映像作品によくある、殺される前に長々と喋る演出がほぼ無く、まるで機械の様に殺し殺されていく様が、シリアルキラーの大量殺戮をリアルに表現している気がして、私はそこが凄く好き。
多分大体の高校生はあの蓮見を目の前にしたら、叫ぶしかないだろうなって。

それにあの歌が色んなシーンのキッカケに使われる演出も、より狂気を駆り立たせてる。
そしてグロシーンなのに映像が色鮮やかで、そのミスマッチ感もなかなかに良い。

何よりラストシーンのあの楽しそうな蓮見。
なんだあれ怖すぎる。やっぱどう足掻いたって自分とは違う異様な人間だって突き付けられた感。
あのシーンゾクゾクして好きです。

正直海猿の伊藤英明より蓮見の方がセクシーで好きです(個人的すぎる意見です)
そして山田孝之のパンツシーン不意打ちギャグ過ぎる笑

多分何年後かにふとまた見たくなるのかもな〜って作品。
原作が最高なだけに映画が本当に残念…
徐々にこの教師に違和感を覚えていくところがワクワクするのにそれがなく、ラストも尺に間に合わせてる感じがしました。
外伝的な作品の方が原作に近く、本編より面白かった
中学生の時に映画館で見たあの日心がハスミンに奪われたのまだ覚えとる、久しぶりに見たくなったのでわざわざTSUTAYAに借りに行って2年ぶりの鑑賞。ほんと殺人エンターテインメント気持ちよすぎる。ふみもひであきも孝之も全員最高すぎる。これからも何度も見るでしょうね
もう観るの5度目くらいなんだけど、やっと松岡茉優がいることに気付いた。
髪型のせいで、松岡茉優って意識しないと松岡茉優って分からない松岡茉優。
テンポが良くてサラッと見れたけど内容は重いバイオレンス映画。後半からの怒涛の殺しがすごい。ちょいちょい挟んでくる謎のトンチキに、あ、これがサイコパスか。と理解。
はら

はらの感想・評価

-
こわかった
>|