怪談の作品情報・感想・評価

「怪談」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
ヤバイ!!!めっちゃ面白い!!!
間違いなく邦画ホラー屈指の傑作!

夏だし心霊系のホラーを見たくなったんで、どうせなら有名なやつをと思い、軽い気持ちで見始めたんですけど、凄まじすぎてビビりました!3時間あるんですけど、全く長さを感じさせないトンデモナイ魅力のある作品でした。

『黒髪』『雪女』『耳無芳一の話』『茶碗の中』。ラフカディオハーン(小泉八雲)が記した怪談四編からなるオムニバスストーリー。
全部面白いんですけど、中でも耳無芳一が凄まじすぎる!こんなの見たことないよ!

『黒髪』
今まで仕えていた屋敷の主人が没落したため、収入がなく貧困生活を続ける夫婦。夫が、とある有力な屋敷の娘と結婚することを条件に、その屋敷に仕えるという出世話を持ちかけられる。夫は妻を捨て屋敷の娘と結婚するが、その娘が我儘かつ冷酷で…。

1本目から凄い!
根底にあるのは夫婦の愛。自らの出世のために妻を捨てた「後悔と自責」にさいなまれる主人公。そしてそれを許す妻。でも、例え許されたとしても過去の行いは決して消えない。「過去」による主人公への復讐。愛と裏切り、そしてその報いによる破滅。
これに限らずですが、とことんこだわったセットと恐怖を煽るBGMが醸し出す雰囲気が素晴らしいです。

『雪女』
雪山で、ものすごい吹雪に襲われた主人公と茂作。偶然見つけた小屋で休もうとするが、横になる茂作に白い息吹を吹きかける真っ白な服を着た女が突如現れる。そして、そのまま茂作は氷漬けになり死んでしまう。その女から、生かしてやる代わりにこのことを他言するなと言われ…。

これは誰もが知ってる有名な怪談ですね。
これも根底にあるのは夫婦の愛、裏切り、そしてそれによる報い。ここら辺は日本の怪談あるあるですね。ストーリーはみなさまご存知の通りなんですけど、とにかく映像が凄い。これも巨大セットの中で撮影されていて、空が全て絵なんです。場面に合わせて無数の目や唇が浮かんでいたり、赤々しい夕暮れなど、全てのシーンがとにかく幻想的。魅入ってしまいました。

『耳無芳一の話』
とある寺で仕えている琵琶法師の芳一。和尚たちが出かけている時に、謎の男から「高貴な方々の前で演奏してくれ、このことは他言無用」と言われ、無理矢理連れて行かれる。その後、何度も同じことがあり、その度に芳一が衰弱していく。和尚がそのことに気づき芳一の身体中に般若心経を書くが…。

これの出来栄えが頭おかしい!傑作中の傑作!
話は壇ノ浦の戦いの場面からスタートします。かなりの尺を使い、この戦いの惨さをとことんまで見せつける。武士たちの戦い方がスタイリッシュとは程遠い、死に物狂いの生々しい殺し合い。次々に人間を薙ぎ払っていく鬼神の如き迫力。そして、その悲惨で不気味すぎる結末。ここでお腹いっぱいになるレベルの出来です。

その後は、ご存知の通りの耳無芳一。でも、芳一が平家の前で琵琶をひくシーンの画力が半端ないんです。ジワジワと襲い来る恐怖。冒頭の合戦のシーンがここで効いてくる。あの惨たらしい死に様を受けて、平家の無念が生々しい憎悪や悲哀の感情とともに視聴者に圧倒的な圧力をもって襲いかかってくるんですね。語彙力がなさすぎて表現できませんが、ホラー好きなら絶対に見るべきだと思います。その圧倒的な画力に飲み込まれること必至です!

『茶碗の中』
中川佐渡守の家臣をしている主人公。年始周りで立ち寄った場所で水を飲もうとすると、なぜか男の顔が映り込む。水を捨てても茶碗を変えても映り込む。結局主人公はそれを飲み込んでしまう。ある晩、1人で部屋の警護をしているとその男が現れる。刀で斬りつけるも手応えがない。後日、3人組が主人公を訪ねてきて「主人がお前に斬られて療養中である。必ずこの恨みを晴らしにくる」と言われ…。

水に映り込む男の笑顔でちょっと笑ってしまいましたが、人の魂を飲み込んでしまった男がどんどんと追い詰められていく心理ホラーの良作です。男が本当に映っていたのか、それとも、その後に目撃する異様な者たちも含めて全て幻覚なのかは明確には語られません。そこが怖い。何がこの主人公に起こっていたのか。心霊的なものとも、主人公の精神がひょんなことから崩壊していく話とも取れる作品です。最後の水瓶はよくわかりませんでしたけどねf^_^;
これはDVD購入決定です!(*^^*)
NenNeko

NenNekoの感想・評価

2.8
4つのオムニバスの中で、1話目の「黒髪」は新珠三千代の美しさ、三國連太郎の演技もあり面白かった。2話目の「雪女」は見事な空の書き割りとおっぱい。3話4話ともなるとセットにも飽きだし退屈だった。最後の大きな壺?の中の演出、酷ない?
この時代にこのクオリティそしてこの豪華俳優陣まさに圧巻っす。
この前年に公開された勅使河原宏の砂の女同様、カンヌ映画祭で特別グランプリを受賞した後にアカデミー賞外国語映画賞候補になり世界的に評価された作品。

小泉八雲が綴った4つの怪談話を映画化したこの作品は、ホラーというよりむしろ美術や映像に優れた幽玄なものとなっていて、しかもどの話も日本でしか描けない独特の味わいがあり、まさにエキゾチックジャパンな映画が世界的に評価されたというのは今更ながら嬉しく思う。

小林正樹とよく組んだ宮島義勇が撮った数少ないカラー作品という点でも貴重な映画だが、一部の雅さと二部の冷え冷えした青い光が特に印象的に映っていたように感じた。
制作会社を倒産に追い込む程の巨額の予算を投じて制作された映画。これはすごい。美術的な作品として映画の範疇を超えている気がする。

耳無し芳一の話をなぜ自分は知っているんだろうと、ふと疑問に思い、記憶を辿ってみたら、子供の頃に親戚の家で映画だかテレビ番組を見たのがきっかけだったような気がした。気になると仕方がないので、どうしても確認したくて、それらしいこの『怪談』のDVDを購入してしまったが、やはりこれだった。雪女も僅かに記憶がある。ノスタルジックすぎる。宝物。

海外ではクライテリオンでBlu-rayが発売されているので、買おうと思う。
m

mの感想・評価

4.0
本当にいい映画を見た……
現代の日本ホラーと比べたくないほど好きです。

いくつかの怪談をオムニバス形式に織り成す今作。誰でも1作品は耳にした事があるのではないでしょうか。

全作に共通して言えるのは、日本が古来から持つ"もののあはれ"の心。美しく、儚い佇まいで生者を見つめる死霊たち。
人を脅かしたり苦しめたりする理由を当事者以外として見守ると、なんとも哀しくて切実な彼らの姿が浮き彫りになるのです。

きっと彼らの願いはただひとつ。
「生きていた事を忘れないで。」ということ。
生者への嫉妬と共に生まれる幼子のような願いには涙が出ます。

私は『耳なし芳一』が1番グッときました。芳一のラストのひとことにこの映画の想いが込められている気がします。
50年前の日本映画の傑作。
昨今の邦画大作が海外の映画グランプリでは、相手されない。
脚本-演出-演技-撮影-美術この水準はない😀
lag

lagの感想・評価

4.1
ホラーではない。奇妙とも違う。つまり怪談。黒髪、雪女、耳無芳一の話、茶碗の中。の、四つ。

洗練された音響と脚本が刺さる。黒髪と雪女は俳優陣の美しさに酔いしれる。耳無芳一の話は最も手が込んでいる、田中邦衛に和む。茶碗の中は美学。うむ。よき。物語のみを見たら理不尽極まりないのだが、よき。にっぽん、ですね。
poke

pokeの感想・評価

-
20180408@ BS1
日本人がよく知ってるお伽話をその時の全力の技術を持って実写化。そういうの凄い好み。50年以上前の作品やけど、ダークファンタジックな雰囲気やセット、伝統の衣装に音学絵巻、不可思議な間や効果音。全部好み。
耳無し芳一の安徳天皇の御前の感じ良い!!超豪華!!
現代の技術と新しい構成と脚色でまたやって欲しいなぁ…
>|