ロッキー・ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価

ロッキー・ザ・ファイナル2006年製作の映画)

ROCKY BALBOA

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ロッキー・ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

NO4

NO4の感想・評価

4.2
「心は年老いないことを証明して」
人生最後の試合を前にしたロッキーにかけられる言葉。そうなんだよなぁ。ロッキーは初めてアポロと戦う前にも自分が負け犬でないことを証明するためにリングにあがったんだもんな。決して勝つためだけでなく。
人生、常に前向きに逃げ出すことなく立ち向かえ!倒されても何度だって立ち上がることができるんだ!
ロッキーのメッセージはシンプルなだけに突き刺さるよな。
俺もまだまだ頑張らなくちゃ。
WADE

WADEの感想・評価

4.0
頑張るおっさん見ると熱くなる。

このレビューはネタバレを含みます

1のオマージュっぽさが懐古感が強くて、ボクシング始めてなにになるのかもよくわからなかったし、あんまり良いとは思わなかったんだけど、
愛する妻に先立たれて息子との関係もギクシャクしている壮年の男性が持つ孤独やつらさが、美しい思い出と「まだ頑張れる」っていう勇気でマイルドに中和されているのは、さすがスタローンだなと思った。

シリーズ通してモーリーおじさん嫌いなんだけど笑、デリカシーがない行動や発言の中に世の真理が混ざってるところが、キャラクター造形の奥深さを感じる。
序盤から愛するエイドリアンを亡くし、細々とレストランを経営して思い出話を聞かせるロッキーだけれど、孤独と寂しさで溢れていて重い展開に…

そんな中、偶然の再会を果たしたマリーの存在は大きかった様に思う。

現ヘビー級チャンピオンにエキシビションマッチを打診され無謀な戦いながらも了承する姿は、ボクシングしか生きる道がない証明なんだろうな😢

無名時代にアポロに挑んだ時の様な過酷なトレーニングを行い、衰えた体を鍛え上げるロッキーは生き生きとしていて不屈の闘志が甦った気がします🥊

明らかに無謀な戦いであれど、会場の客のロッキーへの大歓声がどれだけ彼に勇気を与えたか😭
ディクソンとファイナルラウンドまで打ち合い、立ち続けたロッキーは判定で敗れはしたものの大観衆の称賛の嵐にはジーンときましたね😢

今作は、息子のロバートにも己の生きる道を指し示した内容で泥臭くても戦い続ける誇り高き父親を体現しましたね🐱

ファイナルに相応しい作品でした☺️
えみ

えみの感想・評価

3.8
みんなのレビューにもあるけど、心の若さって大事!!年だからって言い訳にしたくないね。
ペン

ペンの感想・評価

4.0
第1作『ロッキー』に匹敵する傑作。
くすぶっていた生活から脱却し、心の中の炎を燃やし、鍛えて鍛えてリングに舞い戻る!熱い!熱すぎる!これぞロッキー!

エイドリアンの死はショックだったけど、ロッキーが乗り越えなければならない最大の壁として最愛の妻の死は物語として必然だったのでしょう。

試合の迫力は、過去作に比べると年齢もあるので、やや見劣りするかもしれませんが、ハートの熱さと名言の数ではシリーズ最高かもしれません。

シリーズ全部通して観てきてよかった!
最後にして最高のロッキーをありがとう!スタローン!
みかん

みかんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シリーズで一番好きでした。
最後もお互い憎しみで終わってないのも良い
うーん、感情移入できず。子供の頃は熱くなれたんだけど。たぶんそのときは格闘技をまだやってなかったからかな。

ボクシング映画だけど「百円の恋」は好き。
>|