トレーニング デイの作品情報・感想・評価

「トレーニング デイ」に投稿された感想・評価

Kazuya

Kazuyaの感想・評価

3.9
こんな新人研修はいやだなあ。
デンゼルは流石
Alejandro

Alejandroの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

当時衝撃的だったなー

デンゼルワシントンの演技力が
演技の域を超越してます

死ぬ前のセリフ
英語だと汚くて書けないけど。。。

トレーニングデイ 訓練日
から
○○○○○デイ 最悪な1日

印象的です

映画ぶち壊しですが
デンゼルワシントンが好きなので
ifの世界で
イーサンも悪事に手を染めていく
パターンも観てみたい笑
善〜悪。幅広い役柄をこなすデンゼルワシントンが本作では悪を演じきる。
何を隠そう自分の1番好きな俳優。
贔屓目なのはご容赦。

デンゼルワシントンの凄さはそこそこの脚本であっても作品価値を高める存在感、演技力だと思っている。
本作は脚本も良質な上、デンゼルワシントンの見せ場は多大。強烈なキャラクターも加わり、ファンとしては最高の出来。

悪徳麻薬捜査官が際立つ一方で彼を支えるイーサンホークも忘れてはいけない。
仕事のために気を遣い、下手に出ながらもアロンソの内面、行動を知るうちに次第に反発していく。
とあることで沸点を超え爆発するのだが序盤の彼とはまるで別人。

本作でデンゼルワシントンはシドニーポワチエに次いで黒人俳優として史上2番目の主演男優賞受賞(助演はグローリーで受賞済みだった)その年のオスカーでシドニーポワチエは功労賞を受賞。黒人俳優の道を作ったパイオニアと彼をレジェンドと慕うデンゼルワシントンの同時受賞は運命を感じる。主演女優がハルベリーだったことも感慨深い。

受賞スピーチにてデンゼルワシントンは彼に追いついたと思ったら今夜また彼も受賞。僕は永遠にあなたを追い続けます。と師弟関係のような絆をみせた。
youtubeの受賞動画を何度みたことか。
ファンにとってはたまらない。

ウィルスミス、ジェイミーフォックス、フォレストウィテカーなどデンゼルの次の世代も台頭。デヴィッドオイエロウォやダニエルカルーヤも近年知られてきた。
若手ではマイケルBジョーダン、チャドウィックボーズマンがスター街道を走る。
これら黒人俳優たちの系譜はシドニーポワチエが道を作りデンゼルワシントンが舗装、拡大したことによるものであることは間違いない(もちろんモーガンフリーマンも)
そんなデンゼルワシントンの代表作を映画ファンなら観ておいて損はないはず。
BIGHOTTY

BIGHOTTYの感想・評価

3.3
デンゼルワシントンがすごい役者だと認識した映画。
まあ重かったけどね。思い出深いです。
rey

reyの感想・評価

2.0
◆感想
エンタメ風にしては地味、ドキュメンタリー風にしては非現実的で半端。

◆あらすじ
汚職捜査官アロンゾのもとで研修を受ける新人捜査官ジェイク。大義のためだと渋々従うが、不信感は募るばかり。

◆ネタバレ
さらにジェイクは借金返済のためアロンゾに利用される。気づいた彼はアロンゾと決別、借金を返済できなかったアロンゾは借入先のマフィアに射殺される。
Lily

Lilyの感想・評価

3.5
汚職警官と真面目で正義感が強い2人の長い1日。前半、汚職警官の荒さにまあまあイライラして長いと思ってたけど、中盤からめっちゃ見入った!あの胸糞の悪さはアウトレイジの片平みたい。けど言ってることも一理あるから片平の方が糞か。
なんかギャングって簡単にバンバン撃ち殺すイメージあったけど、情には熱い人もいるのかな。けどあんな街には住みたくねー!笑笑
デンゼルワシントン、インサイドマンでは逆に人情溢れる警官の役やっててオススメだよ。あとエヴァメンデスあいかわらずエロい。
とんでもなく長い一日のお話。
たった1日でお互いのアレコレ分かるはずもないよな…
え

えの感想・評価

4.2
麻薬取締課に配属された新人刑事ジェイクのトレーニングデイ
アロンゾの悪事を見ていくにつれてジェイクの人相が変わっていく演技がすごい
スラム街が本当にリアル
スヌープ・ドッグが相変わらずで笑った
たろう

たろうの感想・評価

3.4
今更初めてみたけどおもしろかった。
汚職警官ものはおもろい。
研修初日。これがたった1日の出来事とは。
なんて日だ!

ラスト普通に帰宅してたけど、嫁に「今日は研修どうだった?」とか聞かれたとしてもコメントのしようがないじゃないか。

あと、カタツムリのジョークが意味不明すぎてかなり笑った。

善良なイーサン刑事はこの後、クロッシングにてグレてしまいます。
TJ

TJの感想・評価

-
イーサン・ホークの目
>|