pier

鏡の国の戦争のpierのレビュー・感想・評価

鏡の国の戦争(1968年製作の映画)
3.6
ジョン・ル・カレ原作。
諜報員はゲームの駒に過ぎず、常に使い捨てにされる非常な現実。
クリストファー・ジョーンズの無意味極まりない最期が切ない。