スペースインベーダーの作品情報・感想・評価

「スペースインベーダー」に投稿された感想・評価

ぺ

ぺの感想・評価

4.2
ああこれ大好きなやつだと開始早々確信。
宇宙人に侵略されて周りの人間がどんどんおかしくなる王道SFホラー。
前作のスペースバンパイアより子供向けになってるがこっちの方が断然好き。
今じゃほとんど見なくなったオチが最高。

主人公の部屋にアクマイザー3やらレッドタイガーやら日本の特撮作品のグッズがたくさんあるのは監督の趣味かな。

完全優勝:ウィルソン将軍

理由:
・子供の言うことにしっかりと身を屈めて耳を傾ける。子供が大好きである。将軍の権限で民間人をすぐ施設に入れる。
・火星人にロケットを破壊されてブチギレ、学校に一個小隊を即座に派遣した。
・部下想い過ぎて、部下のリナルディが砂に引き摺り込まれそうになるときには、余りのことに、三回もカメラが切り返して彼の名前を必死に叫んだ。
・軍人として民間人を最優先に考えており、デイヴィッドが独断先行してしまったときには、余りのことに四回もカメラが切り返して彼の名前を叫び続けた。その際は感情が全身にダダ漏れ。
・超現場主義であり、将軍という地位にありながら、火星人の潜む地下基地に、自ら降りていき指示を出した。
・戦闘の際には子供を身を挺して守る。
・高度に訓練を受けた軍人なのに感情が全部顔に出る。
・爆薬を全面的に信頼している。
・やはり民間人を第一に考えており、ただの教員であるリンダが逃げる際に手をかし続け、声をかけ続けた。
・腕まくりを信条としているのか、部下全員にも腕まくりさせているようである。


映画の構造的に、笑いどころ満載なところにオチがついているとはいえ、ウィルソン将軍はやはり最高なのである。笑い過ぎて死ぬかと思った。
トビーフーパー監督、ダンオバノン脚本らしさ全開の、ガチャガチャした展開をしつつもしっかりおもしろい侵略SFもの。ボディスナッチされた人間のあからさまな変貌ぶりがめちゃくちゃ笑える。
主人公の理解者であり、後に行動を共にする事となるエレメンタルスクールの保健の先生がもっと若い設定なら、主人公とのロマンス的要素もあったのかもしれない。
スペースバンパイアとセットで楽しみたい1本。
過去鑑賞
めちゃ小さい頃に見て怖かった
いけ

いけの感想・評価

4.0
めまいショットやクラブ風の宇宙人基地などが楽しい一作。「話し合えないかな?」というフリからの爆破。
Chance

Chanceの感想・評価

3.0
懐かしいな〜って感じの古めかしいSF映画?になるのかな
なんかほのぼのした感じがいいですね笑
トビー・フーパー監督なのもビックリ
特撮も当時ながらの感じでこれもいいですね この頃のSFXと呼ばれていた技術がやっぱり面白いかも 作ってます!!て感じが大好きです笑
ゆーま

ゆーまの感想・評価

3.2
『悪魔のいけにえ』なので知られるホラー映画の鬼才トビー・フーパーが1986年に手掛けたSFホラー。80年代という時代感が全編に詰まったおもちゃ箱のような映画で鑑賞中は一種のノスタルジーを感じてしまう。様々な工夫や視覚効果を駆使し飽きることなく一気に駆け抜ける100分間。しかしながら流石はフーパーというべきかただでは終わらせてくれるはずはなく最高の幕切れが鑑賞者を待つ!今の時代にはないあの時代の手作り感や工夫の数々を観るだけでも一見の価値はある非常に楽しい1本です!
翔太

翔太の感想・評価

3.3
宇宙人によって徐々に侵略されてく所はB級感ありつつも王道なSFホラーで楽しめた! 後味悪いラストもいいね!👍

宇宙人の造形も良くて、
特にボス的なのはキモカワイイ笑
>|