卒業の作品情報・感想・評価

「卒業」に投稿された感想・評価

冒頭のパーティーで浮かない顔で挨拶し続けるベン、視界の狭いゴーグルで音のない水中から和かな大人を見つめるベン…
カメラワークすごくないか?分かりやすいくらい情緒不安定さが出てる。
この終始、救いようのないどんより感は、カメラワークがほとんど担っているんじゃないの?

アメリカンニューシネマらしい正解が分からんセルフィッシュな若者の姿をやや滑稽に描かけているのも、主演のダスティン・ホフマンのおかげでしょう。
pier

pierの感想・評価

4.0
花嫁を奪って教会から逃げるラスト。
主人公の幼さを感じさせる演出が良い。
大人と子供、男と女を見事に対比させている。
また、コメディとシリアスのバランスが絶妙。
コメディとしても楽しめるし、人間ドラマとしても考えさせられます。
サイモン&ガーファンクルの音楽も秀逸。
青春映画屈指の名作。
And here's to you, Mrs. Robinson

サイモン&ガーファンクルの曲が
要所要所で聴ける。ベンジャミンはクズなのだけど、まあこういうことがある人生は私にはないから羨ましくもある。
※不倫はダメだけど
めちゃくちゃ居心地が悪い。ダスティン・ホフマンを叱責したい。

ラストの(それでさ…どうすんの…これから…)感がアメリカンニューシネマっぽくて良かったです。
アメリカンニューシネマひゃっほい
>|