青二歳

綿の国星の青二歳のネタバレレビュー・内容・結末

綿の国星(1984年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

続けて少女漫画の世界。これは…アニメ化したくなる気持ちは分かる…夢があるよね…!こういう動物の擬人化は全面的に支持します。とまれ少女漫画とセルアニメの相性にはどうしても限界を感じてしまいますが…いやその限界を越えようとする工夫こそ我々観客の想像力を喚起してくれるのだ!
猫アレルギーにして多頭飼いの知人がいましたが1日に何編も掃除機かけていたな…お母さん…ムリすんな。むしろ猫恐怖症だし…む、ムリすんな…

「ここまでおいでェ猫マニアぁ!(ふははは〜)」(野沢那智)
三味線の皮目当てで珍妙なブローカーみたいの(クレジットではなんとルンペン①&②!言葉狩りのない時代だったのねぇ)がチラッと登場しますが最近じゃ犬の皮でなかったっけ?時代?それとも希少価値ってことかな。