nexus7

魔法にかけられてのnexus7のレビュー・感想・評価

魔法にかけられて(2007年製作の映画)
4.0
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

本作は、おとぎの国からNYにきたお姫さまの珍騒動。
アニメーション=おとぎの国と、実写=NYがそれぞれので手法で描かれてます。

お姫さまvs.魔女、継母の横暴etc.とディズニーアニメの王道。
ディズニーアニメのオマージュ&セルフパロディ満載、ディズニーアニメファンを裏切らない映画。

お姫さま映画でありながら、どきどきコメディ映画、また突然に躍りだしてミュージカル映画になったりと、観客を楽しませる構成も嬉しい。

並行して継母と娘、男女のラブストーリーも展開。
シンプルな物語にも関わらず、けっこう見ごたえはありました。

ファンタジー映画にはお約束のドラゴンも登場するが、あっけない最後は期待外れでした。

途中で展開が読める等々、ツッコミどころも多いがベースがおとぎ話しなので当たり前、それを差し引いても楽しめるディズニーブランドの映画でした。