masahitotenma

ブロークバック・マウンテンのmasahitotenmaのレビュー・感想・評価

3.9
E・アニー・プルーの同名小説をアン・リー監督が映画化。
同性愛者への差別や偏見が根強かった1960年代のアメリカ中西部を舞台に、二人のカウボーイの20年に渡る愛の軌跡を描く。
ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞
原題:Brokeback Mountain (2005)

主演の二人(ヒース・レジャーとジェイク・ギレンホール)が、許されぬ愛に苦悩する姿を繊細に表現しており、(監督いわく)"純粋なラブストーリー"となっている。
ヒース・レジャーに加え、奥さん役のミシェル・ウィリアムズの繊細な演技が光る。
ワイオミング州の美しい山々の映像とグスターボ・サンタオラヤの音楽も効果を上げている。

「俺たちにはブロークバック・マウンテンだけ。俺とお前にはあの山しかない。他には何もない」
「すまない。俺はおもしろくない男なんだ。
おもしろいから惚れるんじゃないわ」
「今でも、ジャックと魚釣りに?…
一度も○○を持ち帰らなかったわね。私も娘たちも○○が大好きなのに」