ブロークバック・マウンテンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ブロークバック・マウンテン2005年製作の映画)

BROKEBACK MOUNTAIN

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

「ブロークバック・マウンテン」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.6
感情をぶつけ合うようにキスするシーンが印象的。お互いがお互いじゃないとダメだったんだなぁって思った。
この2人だけに焦点を当てれば美しいけど、周りが不憫という気持ちは拭えない。
襤褸

襤褸の感想・評価

3.0
観賞記録です。

このレビューはネタバレを含みます

カウボーイ姿のアン・ハサウェイやばし。

ブロークバック・マウンテンでの期間限定の羊の管理の仕事でジャックとイニスは出会う。

壮大で青々した空と山の緑、羊の群れのコントラストが美しいが、物語中盤からはストーリーも相まって物悲しいようにも映る。

唐突にテントでおっ始まるが、もう少しここに経緯が欲しかった気もする。

一時解散してからの4年後、再会した二人の衝動的で激しいキスシーンは誰しも脳裏に焼き付くだろう。

ただ、それを見てしまったジャックの妻の表情が辛すぎる。リリーのすべて、ボヘミアン・ラプソディー等もそうだが、後天的なLGBTというのか?後に発覚するそれは同時に大きな不幸を生む。最初からそうして生きていられたら、本人達もその周りもいかに幸せか。

イニスはジャックの死後、実家を訪れ、山で殴りあった時の血まみれのシャツを発見し、譲り受け、ブロークバック・マウンテンの葉書と共にクローゼットの扉に飾る。

父のことや勿論世間体のこともあり、ジャックのように正直には生きられなかった彼は、ジャックの死後ようやっと、20年間もの年月を共にした仲間であり、恋人である大切な存在に気付いたのだ。
KUMA

KUMAの感想・評価

3.8
美しすぎる自然と、イニスとジャックのかけがえのない絆に心をごっそり持っていかれる。
ストーリー自体は決して短くないし、大きな事件が起こるでもなく静かに流れて行くけれど、そこがまた良かった。
☆雑感
①ヒース・レジャーの演技の幅に驚嘆。本作では影のある情緒不安定気味の青年役だが、同一人物があのジョーカーにもなるのか!と。
②LGBT関連作品では、作者が意図的に男らしさや女らしさといった通俗的観念に揺さぶりをかけてくるように感じる。本作ヒース・レジャーは拒絶したかと思えば泣いてすがってきたり、通俗的には「女性的」性格の役回り。
③口に出すことも憚られるタブーを知ってしまったときの「察し」の表情が各人名演。特に両者の奥さん。
④同性愛な上に性依存症の気配すらあるジャック(ジェイク・ギレンホール)。これは辛かろう…。
⑤ミシェル・ウィリアムズとアン・ハサウェイがお胸を披露。そんなにエロティックではなく、ただそこに裸体がある…という感じ。
⑥根本的な問題として、同性愛作品はイケメンキャラに走りがちで本作も然りだが、イケメンではなかったらどうなんだろう??
イニスはすっごい強がってるけど
ほんとはすっごい繊細でそれを慰めるジャックがかっこいい。
この2人はゲイなんだけどゲイよりもお互いこの2人じゃないとダメだった感あるなあ
特にイニスは。
takaG

takaGの感想・評価

5.0
愛に性別は関係ないと感じさせてくれる映画
メガネ

メガネの感想・評価

3.0
よい映画だと思うけど、好みじゃない。世俗が辛ければ辛いほど、引き立つ山の美しさよ。
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.2
よかった。
ヒースレジャーの演技がすごかった。