ブロークバック・マウンテンの作品情報・感想・評価

ブロークバック・マウンテン2005年製作の映画)

BROKEBACK MOUNTAIN

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

「ブロークバック・マウンテン」に投稿された感想・評価

RYAN

RYANの感想・評価

4.5
友情がときには愛にかわる。
ゲイではないがすごくおもしろかった。
お互いを求める気持ち
本当に愛しあっていたんだなとおもった
下手な恋愛映画よりオススメ
すばる

すばるの感想・評価

3.7
「俺は面白くない男なんだ」とか言われたら死ぬほどテンションが上がっちゃうだろ
純粋で、あまりにも切ないラブストーリー

強烈な残像は、そびえ立つブロークバックマウンテンの厳しさ、美しさ、空虚さ
どこまでも広いアメリカ、広すぎて孤独が押し寄せてくる。

俳優たちがみんな素晴らしい、繊細で力強くて。俳優ってすごい。映画っていいな。そんな余韻にどっぷり。
ギレンホールが、『一家の主としての威厳』を示す場面で、妻(アンハサ)が旦那の”男らしさ”に、にやりと微笑みます。

家庭が上手くいかないヒースとは”対照的”に、ギレンホールは『要所を締める』ため、何とも『要領の良い男』です。

ギレンホールには、”カリスマ性”というか、『人を惹きつける魅力』を感じます。

ヒースにも魅力はありますが、何とも”不器用”なため、上手く事を運べません。

ただ、ラストのヒースには、『ギレンホールの魂が乗り移った』かのような、『要領の良さ』を感じました。
じょせ

じょせの感想・評価

4.3
短期アルバイト的なもので出会った二人が、その仕事場のブロークバックマウンテンで心を通わせ、仕事が終わり各々が所帯を持った後の再会でも互いへの想いは変わらず、、という話

見るごとに好きになりそうな映画

二人が次会える時を楽しみ(というか生きがい)にしている感じが伝わってきたし、だからこそオチが悲しくて「よかったなぁ、、、」とはなりきらなかった。完全に好みの問題やけどな

最初はちょっと気にかかっていたことも、じんわりと思い返していくとあぁ、あそこと繋がっているのか、、などと考えてしまう奥深い映画だなと思いました。

もちろんLGBTQ映画によくある、この時代のゲイの迫害されようや、男女の価値観や互いへのステレオタイプの描写もきちんとされているけど、

二人が喧嘩している内容って根幹に行くと、街歩いてるどこぞのカップルでも言い合ってるような喧嘩だな、と思うと、普遍的な部分もあるなぁと思った。

ヒースレジャーの、本当は一緒になりたいなという思いと、幼少期に突きつけられたこの時代のゲイの行く末&妻子持ちという自分の立場に板挟みになっているところが、みてて辛かった。限界だ、というセリフも、あぁ、とうとういっちゃったぁ、、ってなった。。

主演二人のえんぎもすばらしいとおもいました!
心から愛してしまった人のが男だったという男の話。この恋愛に理解は示したいが、ジャックが男娼を漁りに行ったシーンでこの二人の愛情は白けて見えた…
そもそもこの古臭い西部の雰囲気が好きだし、マッチョなストーリーを予想してたらとんだ繊細心理ムービーだった。
見終わったあとにいろんなサイトで考察をみると結局ジャックは反異性愛者の人間に殺されたとか、その黒幕は義理父だとかあってまた考えさせられた。。
愛っていうのはこんなにも激しいものなのか、、
親方

親方の感想・評価

4.0
絶対心がしんどくなる映画だと思って心して見ましたが、やっぱりしんどくなる映画でした……。
同性を好きになるだけでこんなにも世間から冷たい目で見られるのだという、当時の社会がよく分かります……。

心から幸せになってくれとどれだけ願っても、世間がそれを許さない2人……。
お互いにお互いを思い過ぎてしんどい目にあっても、心は求め合うという王道な悲恋を同性愛に置き換えるだけでこんなにしんどいのかと、号泣しながら見届けました。

同性愛はもっと認められるべき。
ReiYoshida

ReiYoshidaの感想・評価

3.8
切ない系。胸が、ぐっ、、、となる系。

ヒースレジャーもジェイクギレンホールも、青春時代からおじさんになるまでのかなり長い年月をひとりで演じきっているのが凄い。
儚い同性愛者の話
同性愛者への理解は進んできてはいるけど、今でも偏見があると思う。
これからますます同性愛者への理解が深まって行かなきゃ、結局この映画の時代と変わらないのではと思った。
>|