ブロークバック・マウンテンの作品情報・感想・評価

ブロークバック・マウンテン2005年製作の映画)

BROKEBACK MOUNTAIN

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

「ブロークバック・マウンテン」に投稿された感想・評価

RYAN

RYANの感想・評価

5.0
再再再レビュー
初めて観た時衝撃的すぎて言葉を失った。
この作品は私の人生を変えたと言っても過言ではない作品。

マイベスト3にランクインしている作品

主演ヒースレジャー
共演ジェイクギレンホール、アンハサウェイなど

友情が時には愛に変わる。

アンリー監督の最高傑作
この年の賞レースを賑わせた作品

ストーリーは1960年代
2人の男が羊の放牧で雇われる。
2人はカウボーイでこの時代同性愛は犯罪であり死刑にも匹敵するほどだった。
しかし、2人の距離は縮まっていき…

willie nelsonのhe was a friend of mineの音楽とともに流れていく自然と時間。
この心地よいアメリカンミュージックが物語る。
一言で言うと美しい。
こんな愛の形があるのだろうかと。
ごく稀に一生の愛を見つける人間がいる。
その人間達の物語だが、愛を取り巻く時代の法が彼らを追い詰める。
それはまるで法の暴力化に置かれた民衆の暴動のように感じられる。

こんな難しい役に挑んだのは今は亡きオスカー俳優ヒースレジャーとその親友でハリウッドでもっとも売れている男ジェイクギレンホール。

2人の演技がパーフェクト
どこをみてもなにをみても文句の付け所がない。
この物語に登場する自然豊かな山々。
それに劣らずありのままの人間を見せつけるかのごとく自然で愛おしい演技をする2人。
物語が佳境に進むにつれ胸が締め付けられる思わず涙を流してしまっている。

これが愛の形でありなにが本物なのかわからなくなってしまう。

私が好きなのはこの作品の全てですが、2人の隠れてする愛の育みはもちろんですが、1番衝撃的だったのがラストの展開。
ここで涙を流さないわけがない。
どんなに想っても辛い現実が待っているのだ。
この時代背景を選んだアンリーが天才すぎる。
車もそうだし、街並み、服装全てが言うことなし。
激動の時代を生きた2人の男達の物語。

完璧かつ崇高な作品。
何回も何回も観たくなる。
ブロークバックマウンテン、いつか行ってみたい。
大好きな、作品です。
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.9
思わずため息が出てしまうほど
とっても深いいお話でした。

ブロークバック・マウンテン
彼らが唯一自然体でいられる場所。

本能のまま生きて
いけないのが人間の世界。
山に囲まれた誰もいない場所でだけ
2人は愛を確かめることができたんですね。

映像も自然の描写が
とても綺麗で
お互いの純粋な気持ちを
表しているようだった。

ジェイクもヒースも
若いのにこれだけの演技力。
恐れ入りました。
プライベートでも
2人が親友だったと知り
とても嬉しく思いました。

いろいろ解説を読むと
全然気づかなかったメッセージが…
とくに最後のシーンとかね。
自分の理解力の浅さに嘆きたくなります。
今度は、そのメッセージを
理解した上で楽しみたいです。
あやな

あやなの感想・評価

3.7
そういえば観てる。
まども

まどもの感想・評価

4.2
正反対な性格の2人がお互いを心から愛し合っていることはよく伝わったけど、やっぱりど〜しても、ヒースレジャーの煮え切らない態度にやきもきしてしまう……
だからと言って、ジェイクギレンホールの願う2人で牧場を経営して、ミルクを売って暮らそう……なんて生活だって夢物語に思えてしまうんだけども。
仲違いしてお別れ、ではなく片方がいなくなってしまって2人はブロークバック・マウンテンでの思い出と共に永遠になる……なんだかロマンチックなエンディングです。
個人的にはもう少し現実味があるほうが好みだけど、これはこれで素敵な作品。
ヨルン

ヨルンの感想・評価

3.5
鬱々とした中にジリジリとした焼けるものを抱えていた。
最良の時を過ごした(青春のような)あの時、あの場所。それらへの回帰を常に願う気持ちに重なるものを感じる。
羊飼いの夢は、本当に願っていた夢だったんだね…

このレビューはネタバレを含みます

大好きな人と一緒にいるための、ほんのちょっと勇気がどれだけ難しいか。
もう少し、あと少し早く素直になれていたら。
金魚

金魚の感想・評価

4.2
こんなに誰かに対してまっすぐな感情を持ち続けられる人生ってすごく良いでしょ、良いですよね。
抑圧されるからこそ、輝きは一層増すこともある。

山での思い出からずっと進めないまま(実際は結婚や子育てなど順調に人生を歩んでいるように見えるが、)誰にも相談も出来ずに、20年もの月日が経つというのは、非常に辛そうです。

人には大なり小なり二面性があると思います。この映画もそういったことをテーマにしている部分があると思います。
この映画を人に紹介するのは受け入れられるか不安で勇気がいるけど、すごく紹介したい。
僕の中にもただいま葛藤が生まれてます。

男性同士の恋愛は自分としても受け入れられるか不安でした。
美しい物語だと一言では言えない部分もありますが、(お互い結婚しているので言ってしまえば不倫。)
時代背景などを考えると、やりきれなさや虚しさを感じさせる物語です。
KAORI

KAORIの感想・評価

4.0
記録用
これは純愛もの
>|