ブロークバック・マウンテンの作品情報・感想・評価

ブロークバック・マウンテン2005年製作の映画)

BROKEBACK MOUNTAIN

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

「ブロークバック・マウンテン」に投稿された感想・評価

RYAN

RYANの感想・評価

4.5
友情がときには愛にかわる。
ゲイではないがすごくおもしろかった。
お互いを求める気持ち
本当に愛しあっていたんだなとおもった
下手な恋愛映画よりオススメ
これただの浮気じゃん!って思って途中まで妻の方に肩入れしてたんだけど、映画が進むに連れてこれは愛…純愛!と心変わり。
何だよ!このピュアっピュアっな恋!
幸せになって欲しかったなー!
せつねー
deenity

deenityの感想・評価

4.0
演技派として大活躍のジェイク・ギレンホール。素晴らしい才能を持ちながら今は亡き人となったヒース・レジャー。どちらも大好きな役者が主演を務め、熱い同性愛を演じた作品。LGBT問題の観点から言えば間違いなく本作はヒューマン・ドラマであるが、その二人の関係から究極の愛の姿を見るならばラブストーリーであり、ジャンルという枠組みで定義付けるのは難しい作品でもある。

二人の愛にとってのきっかけとなったのがブロークバックマウンテンという土地で、二人きりで他に誰もいなく日々を送っていくことで、少しずつ距離を縮め、そしてある寒い晩、ふと寂しくて互いを求めてしまった二人。そこでの日々は二人にとって幸せそのものであり、まさに理想の土地だった。
しかし、職務が終わりそれぞれの暮らしに戻るとあたり前のようにある現実。同性愛など当然認められるはずもなく、むしろひどい仕打ちを受けた人を見たという経験があるほど排他的な町。

二人は元々ゲイではない。だから現実に戻った時に互いに結婚もする。現実の男の枠組にあてはまるために。もちろん愛もあるとは思うが、ジャックとイニスほどの愛はないように思う(まあそうだとしたら美人な奥さんをもらいすぎだが)。二人のきっかけは寂しいあまりに求めあっただけかもしれない。しかし、その二人の間には紛れもない絆があり、二人で同じように夢見た理想がある。
ただ現実はそれを受け入れない。だからあの山を求めるのだ。

二人が久しぶりに再会したシーンなど愛し合う二人そのものだ。しかし、そうであるからこそ、度重なる再会の中で理想と現実が衝突し、苦しむ二人の姿に観客まで胸が苦しくなるのだろう。

ラストシーン。ハンガーにかけられた二枚のシャツだけで二人の気持ちを表現する上手さは、この厳しい現実社会の中でひっそりと思いを抱き続けた二人を表現するのに相応しい素晴らしいシーンだと思う。

若き日のジェイクと、亡きヒースを惜しむべく素晴らしい演技。実は二人の奥さんはアン・ハサウェイとミシェル・ウィリアムズ。今尚活躍する二人のヌードシーンも眼福なので見所の一つ。ただそれ以上に、どんなきっかけでも一つの愛の形として多くの人な見てほしい作品だった。
好きな映画10本のうちの1つ。

全てが好きです。
音楽、映像美、役者、演技力、ストーリー…
しんみりずっと泣いてました。

なんで…なんでなの…
とひたすらしんどい。
Rico

Ricoの感想・評価

-
5年ぶりに観ました。これ程胸をぎゅっとされて泣ける映画はほかにまだ出会えてないです。愛を心から理解できる映画な気がします
ずき

ずきの感想・評価

3.8
純愛だった。ゆえに結末が切な過ぎる。60年代じゃなければ、彼らがカウボーイじゃなければ幸せになれたかもしれないのに。
サイコ

サイコの感想・評価

3.8

切ない〜。けど素直に
あの一夜を越えて感じたものがすごいな。

でもわかるなぁ。
言葉では言い表せれないけど
ああいう気持ちはすごくわかる。

男泣き…こちらまで泣けてくる。

主人公2人もだけど
女性陣みんな素敵だと思った。

はじめっからいい景色。
羊の群れが可愛くて可愛くて。
来年ニュージーランド行くのますます楽しみになってきた。(ただの羊つながりw)
自然を映すのがとても美しい映画。
余談だけれど、黒いバン、白に包まれたインテリアに思想の強さを感じる。
>|