ブロークバック・マウンテンの作品情報・感想・評価

ブロークバック・マウンテン2005年製作の映画)

BROKEBACK MOUNTAIN

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブロークバック・マウンテン」に投稿された感想・評価

ヒロ

ヒロの感想・評価

4.0
以前から観たかったが、漸く観賞。
綺麗な映画。両俳優の秀逸な演技があってこそ成り立つ。微妙な心境の変化を見事に表現。見事な映画。
ぎー

ぎーの感想・評価

3.5
どんなラブストーリーよりも高い障壁を越えて愛し合う2人の人間を描いた作品。映画を見るときには共感や感情移入を大事にしてしまう。だから、ゲイのラブストーリーはそんなに得意ではなかった。でも、この作品は本当に凄い作品だった!同性愛が滅茶苦茶差別されている環境で、遠距離で、お互いに家族を持っていて、障壁しかない状況なのに2人の愛情は何よりも深い。普通のラブストーリーだと、異性愛である時点でその障壁はこの作品の、イニスとジャックの恋愛には敵わない。もちろん同性愛とは言え不倫であったりと、純愛と言っていいのか微妙だけど、とにかく真っ直ぐ深く愛し合う人間を描いた映画だった。アン・リーは流石で、ゆったりとした時間の流れる深みのある音楽を背景に、アメリカの雄大な山岳地帯やカントリーサイドの風景が流れ、そもそも画として滅茶苦茶綺麗な映画になっている。出演者達も凄い!ジャックを演じるジェイク・ギレンホールのストレートな同性に対する愛情表現は強かった。イニスを演じたヒース・レジャーはさらに凄くって、最初はジャックの愛情表現に心を閉ざしているが、徐々に心がどんどん引き込まれていき、そのことに対する苦悩も深めていく、滅茶苦茶難しい心情を抱えた主人公を演じ切った。夫ジャックの嗜好を知りつつ知らないフリをするラリーンや、2人の情事を見て軽蔑する牧場主のアギーレも個性が立っていたが、愛する夫が同性愛者であることを目の当たりにし、かつ、どんどん引きこまれていくことに気づいているイニスの妻アルマの難しい立場を演じきったミシェル・ウィリアムズの感情表現は凄かった。
akayuki

akayukiの感想・評価

4.0
この時代の同性愛がどれだけ悲劇的だったかがひしひしと伝わってきました。
バレたら命すら危ういなんてそんな世の中馬鹿げている。
彼らが今の時代を生きていればどれだけ生きやすかったことか。

相手が異性であれば結婚出来てずっと一緒にいられるのにどうして……という互いが抱え続けるフラストレーションが切なかったです。
ブロークバックでのあの時がずっと止まっていてほしかった。
ラストシーンも美しく素晴らしいのに加え、エンディング曲が更に切なさに追い打ちをかける歌詞で涙腺にきます。

ヒース・レジャー演じるイニス、あまり本音を言わない不器用な男なんですが、泣いた瞬間に愛しさが込み上げる。
主役二人よりも男前に映ったのがラリーン役のアンハサウェイ。
馬に乗る姿も凛々しければ男性へのアプローチも攻めてる。
終盤に電話をしているシーンでの表情が特に素晴らしかった。

あともう一人、ワンシーンだけ登場するジャックの母親役の方が印象的でした。
母親としても人間としても素敵なのが伝わってきて好きなシーンです。

自然をも楽しめる映像になっていて良かったんですが、一つ言わせてほしい。
……画面いっぱいの羊の群れ、怖かった……。
同じように感じた人いないかな……。
しゅり

しゅりの感想・評価

3.7
人生において、かけがえのない、どうしても忘れられない場所や人に出会えるということは、あるようでなかなか無いと思う。

その理由が執着だろうが思い出に囚われてるだけだろうが、なんでもいいんだけど、それがあるだけで幸せな気がする。

時が流れて、それぞれの人生を歩んで、それでもたまに思い出しては、会いたくなる、行きたくなる、そして色々変わっていくものばかりの中で変わらずそこに在ることは素敵。

ラストは悲しいけど、こうなったからこそある意味永遠の愛になるのかもねと思った。

義父にブチギレるシーンと、激しいキスを見られてたー!のシーンはめっちゃ笑った。笑うとこじゃないだろうけど。

ていうか2人とも、感情のぶつけ方が激しすぎて、おバカすぎじゃね?とちょいちょい感じて笑えた。
forest

forestの感想・評価

4.0
大好きなルーファス・ウェインライトの曲がエンディングで使われていると知って気になった作品。
でも初めてみたのはNHKのBSだったかな。

何度も再見しているけど、今日見て思ったのはそのローケーションのよいこと。たしか撮影地はカナダだったかと思うけど、山々や河の美しさがたまらない。




愛し、愛されるということの話。

心から大切で自分を完全にさらけ出せる人ってあなたには何人いますか?その人の前では本当に無垢になれて、嘘はつけない、弱ったときは甘えられて。それがお互いにとなるとどうでしょう。

愛し、愛され、甘えたいと思える大切な人は性別、年齢、生まれ、育ち、外見…そんなのどうでもいいんです。本当に愛おしい。去っていくことが怖くてしょうがない。


ジャックは本当は幸せになれた人かもしれない。お母さんの愛情が感じ取れるから。でもそれはいろいろな問題をうまく乗り越えないと厳しい。現代でもやっぱりちょっと難しいかな。


ジャックの家。アメリカの古くからの農家の感じがしていいですね。宗教も禁欲的な宗派と伺える。まさにアンドリュー・ワイエスの絵そのまま。


この映画のヒース・レジャーが1番好きかなー



(ビックリしたけど、stranger thingsのホッパーがいたぞ)
Yuki

Yukiの感想・評価

4.2
スペインで鑑賞
ずっと見たかった映画。
これは、自分の中でとても印象に残った映画。多分これからもずっと心の片隅にあると思う。ジェイクの表情が本当に好き。雨の日は会えない、晴れた日は君を想うでもだけど、目力がすごくて、瞳の奥で語りかけるような表情、イニスと再開したときの優しい笑顔は忘れられない。
結局二人のことを知って、理解して、受け入れてくれたのは山だけだったのか。二人が本当の自分たちになれるのは山の前だけだったのか、、。でも、山という大切な存在、静かで偉大な存在があってよかったとも思った。切なくて、なかなか本音を言えない中で、イニスが終盤苦しい中でも思いを伝え、二人が許し合ったシーン、シャツのシーンは涙が止まらなかった。本当の気持ちを伝えられないのは本当に辛いなと思った。大自然の映像がとても綺麗で、音楽も、素敵だった。
よかった。色彩の感じもすごく好きな感じ。
ヒースレジャーの演技も素晴らしく、自然と感情移入してた。ダークナイトでもだけど、ヒースの偉大さに改めて気づかされた😢
なおき

なおきの感想・評価

4.1
ジャックの愛は真っ直ぐすぎ。
イニスの生活を優先する気持ちもわかる。

この頃はこういうのまだ認められないのか。

服が部屋にあった瞬間泣いた。
うらこ

うらこの感想・評価

4.0
やっと観られた……
ヒースを観ると胸がいっぱいになってしまって冒頭ずっと目で追ってしまった。
雄大な自然と、ゆったり流れる音楽が心地よかった。
じわりと胸に切なさが染み渡る、そんな作品だった。
すごく純粋な愛の物語だぁ
ヒースレジャーの表情に心揺さぶられる。
>|