NAOYA

マッドマックスのNAOYAのレビュー・感想・評価

マッドマックス(1979年製作の映画)
3.0
凶悪な暴走族の暴行殺人が多発する数年後の近未来。暴走族専門の特殊警察「M.F.P.」の警官マックスは警官殺しの暴走族ナイトライダーを追い詰めた末にナイトライダーは運転を誤り事故死する。これによりマックスは、ナイトライダーの復讐を企むトッカーター率いる暴走族グループに命を狙われる…。


メル・ギブソンがとても若いです。自分の知っているメル・ギブソンの顔では無いので、びっくり(笑)
ですが、イケメンですね。

あと、マックスの乗るインターセプターがとてもかっこいいです。


昔の映画ですがカーアクションはなかなか迫力あります!ですが、正直なんだか微妙な作品でした。つまらない訳ではないんですが中盤あたりでは眠くなってしまった。

トッカーターとマックスの戦いは以外と少なく終盤だけなのも残念でした。
終盤のトッカーターとその部下とマックスの2対1の戦いは好きなので、もっと戦うシーンがあれば評価が上がったと思います。


そして、奥さんは助かるって医者が言ってたけど、どうなったんだろう?


(再レビュー。いいね、コメントしてくださってた方すみません。)