ロード・トゥ・パーディションの作品情報・感想・評価

「ロード・トゥ・パーディション」に投稿された感想・評価

Otter

Otterの感想・評価

3.7
トム・ハンクス、ポール・ニューマン、ダニエル・クレイグ、ジュード・ロウ。豪華キャスティングに驚き。
父親と息子の絆がテーマだと思うが、アメリカらしいさじ加減で味付けされいる。
最後にそうなるか、
という展開もまあ映画の醍醐味かな。
You

Youの感想・評価

2.9
このダニエルクレイグなんかいい
父子の絆の話なんだけどT・ハンクスとP・ニューマンのやりとりが素晴らしい。この2人も父子関係と言ってもいい。ストーリーが進むにつれて関係性も変わっていく。そこを無理なく次第に色濃く演出されている。特に後半の雨でのシーン。存在感がやはり違う。撮影賞受賞も頷ける素晴らしいシーンだ。
その次に控えるのがJ・ロウとD・クレイグだもんなー。最近の印象だと配役が逆のような気もするが、これはこれでもちろん良かった。
えりん

えりんの感想・評価

3.8
切なくなる映画。
音楽や大雨の中の描写が良い。

あまりトムハンクスのイメージではないが。ダニエルクレイグがごみみたいな役を演じてるのも逆に好き。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.7
キャスト豪華!
暗い気持ちになるけど、たまにはいいな〜
面白かった!
みんな新聞読んでたぜ。
Zzz

Zzzの感想・評価

3.0
ジュードロウのあのサイコパスな感じは、少し安直なキャラだったなと思ってしまった。
期待してたのに期待を軽く下回った。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.7
1931年大恐慌下アメリカが舞台のギャング映画。物語はアイルランド系マフィアの内部抗争で妻子を殺された男の復讐劇。しかし「子連れ狼」をモチーフにしたとの事で父親/息子間の愛が大きな比重を占める。トム・ハンクス、ポール・ニューマン、ジュード・ロウ、ダニエル・クレイグ。豪華キャストによる重厚な作品。堪能した。
>|