ロード・トゥ・パーディションの作品情報・感想・評価

「ロード・トゥ・パーディション」に投稿された感想・評価

やなぎ

やなぎの感想・評価

4.7
ギャングモノだが、テーマは家族。全員好演で、トムハンクス作品で一番好き。
ryt

rytの感想・評価

4.0
記録
KazukiSeta

KazukiSetaの感想・評価

4.0
マフィアもの映画かなと思いきやそうではなく、父と息子の関係
ルーニー親子
マイケル親子
それぞれが感じている父親に対する気持ちが、ひたひたと心に伝わってくる。

ルーニーのI know but I can't
クライマックスのお前でよかったというシーンが1番心が震えるシーン。

最後の終わり方は予想はしていたが、好きになれない。もちろんハッピーエンドなんてもっと最悪だったけど…けど!
あれより前にもっと痺れるシーンがあったからな…
kima

kimaの感想・評価

3.8
ギャングの世界のその淵の話。
父親である事と仕事の種類は関係ないという事と、その宿命。
美しい関係性だけが後に残る、洗練された印象でした。

あと、あの海の家いいな、欲しいな、という。
JUN

JUNの感想・評価

3.0
記録
トムハンクスの、マフィアも、なかなかいいね。
レンタル・配信)@ツタヤレンタル。2018/6 7本目の鑑賞(通算40本目)。ギャング映画なのに映像が非常に美しい。写実的な印象を受ける。その点はよかった。話はまあ普通かなあ。トム・ハンクスは何をやらせても頑固親父のレッテルが剥がれませんな。ポール・ニューマンやジュード・ロウなどキャストも豪華。ブレイク前のダニエル・グレイグが出ていて、これ以降のサム・メンデス作品(007シリーズ)に繋がっていったのかなと想像しました。感想はこんなところです。
ウサミ

ウサミの感想・評価

3.7
トムハンクス主演にハズレなし。
アクション映画かなと思ってレンタルしたが、想像を超えた重いドラマであった。
実の父と息子同然の絆を持つマフィアのボスと殺し屋。しかし実の息子を守るため、2人は対峙する運命をたどる。
やり過ぎなくらいに切なく重い展開が続く。観た後に心にずっしりと響くものがあった。
父の寡黙な愛情、息子の父への畏怖と尊敬といったテーマを描いた重厚な映画。
>|